有村架純、吉田羊との“親子受賞”に喜び バレンタインは「本命チョコの機会がない」

2016.2.5 15:24配信
「2016年エランドール賞」新人賞を受賞した有村架純

 「2016年エランドール賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる新人賞を受賞した柄本佑、有村架純、菅田将暉、土屋太鳳、玉山鉄二、吉田羊ほかが出席した。

 壇上でトロフィーなどを受け取った有村は「周りの皆さんがすごく喜んでくださり、とても幸せな賞をいただいたのだと感じています」と喜びを語るとともに「本当にさまざまな作品に出合い、さまざまな役をやらせていただきました。これからもたくさんの役に出合って新しい自分も同時に発見していけるよう、日々頑張っていきたいです」と誓った。

 主演映画『ビリギャル』で親子を演じた吉田羊も同賞を受賞しており、有村は「すごくうれしいです。羊さんに連絡して、『ビリギャルはどこまで連れて行ってくれるんだろう。すごい奇跡を起こしてくれる』と話しました」と作品との出合いを喜び合ったという。

 「とにかくずっと作品が続いて、毎日充実しています。今も楽しく撮影しています」と多忙ぶりを明かし、2016年は「学んだことをどんどん放出していけるようにしたい。『僕だけがいない街』という作品で最高のスタートを切れたので、最高の状態をずっと維持できるよう頑張っていきたい」と抱負を語った。

 また近づくバレンタインデーの計画については「たぶん撮影かと思うので、現場に差し入れできたらと思います。毎年現場には差し入れしているので」といい、本命チョコの有無を問われると「本命チョコはなかなかあげる機会がないですね」と苦笑していた。

 そのほか映画 プロデューサー賞に『ビリギャル』の那須田淳氏、映画 プロデューサー奨励賞に『百円の恋』の佐藤現氏、テレビ プロデューサー賞に「マッサン」の櫻井賢氏、テレビ プロデューサー奨励賞に「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~」に浅野太氏と齋藤寛之氏がそれぞれ選ばれた。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング