ニコン、約2400万画素のデジタル一眼レフ「D3200」

2012.4.19 19:4配信
D3200(AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 装着時)

ニコンは、ニコンDXフォーマットを採用した有効約2400万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D3200」と、スマートフォンなどと連携できるようにするワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1a」を5月下旬に発売する。

「D3200」は、小型・軽量ボディに、有効2416万画素の新開発のDXフォーマットCMOSセンサと、上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。高精細・高画質な静止画や、最高1920×1080/30pのフル動画を撮影できる。常用感度はISO100~6400で、Hi1(ISO12800相当)まで増感設定できる。

3型の大型液晶モニタを見ながら撮影する「ライブビュー」に対応。初心者向けに、前機種「D3100」よりさらにわかりやすく、使いやすくした「ガイドモード」で、本格的な撮影を手軽に楽しめる。

別売のワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1a」を装着すると、撮影した静止画や動画を、対応アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにワイヤレスで転送できる。静止画撮影時には、スマートデバイスの画面を液晶モニタ代わりにして、リモート撮影することもできる。

「WU-1a」の連携機能を利用できるスマートデバイスは、Android 2.3系を搭載したスマートフォンとAndroid 3.x系を搭載したタブレット端末で、今秋にはiPhoneなどのiOSデバイスにも対応する予定。

記録媒体はSDXC/SDHC/SDメモリカード。サイズは幅約125.0×高さ96.0×奥行き76.5mmで、重さは本体のみで約455g、バッテリ・メモリーカード込みで約505g。カラーは、ブラックとレッドの2色。

価格はオープン。公式オンラインショップ「ニコンダイレクト」での販売価格は、ボディ単体が8万4800円、標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付属する「D3200 レンズキット」が9万4800円、標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と望遠ズームレンズ「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED」が付属する「D3200 200mm ダブルズームキット」が11万9800円。ワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1a」の価格は5250円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング