松岡修造「“リ・ボーン修造”です」 「USJ」CMナレーションを大変更

2016.2.15 0:5配信
Re-born大使に就任した松岡修造

 先ごろ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の“Re-born(リ・ボーン)大使”に就任したスポーツキャスターの松岡修造が、現在放映中の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年開幕」のCMのナレーションを担当、新たに吹き替えを行った。新CMは15日から放映される。

 2016年1月25日からOAがスタートした、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年開幕」のCMを見た松岡が、「自分なら、もっと“リ・ボーン”を伝えることができる!」と、熱き思いをユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ伝え、今回のナレーションの変更となった。

 松岡は2日に行われた「15周年開幕事前イベント」で、Re-born大使に就任。2500人の観客を前に「僕たち、そして今の日本にはリ・ボーンが必要だ。リ・ボーンは、自分にはない力をよみがえらせてくれる。しかし僕たちはそのきっかけを知らない。そのきっかけはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには人を変える力があり、日本を元気にするために必要な場所だ」と熱弁を振るった。

 松岡は、今回のナレーション録りでも、「やり過ぎよう」、「生き返ろう」と、一語一句に思いを込め、全身全霊でリ・ボーンを表現。自身のアイデアも織り交ぜながら、その熱意が伝わるナレーションに仕上がった。

 収録を終えた松岡は「今回、Re-born大使になりました“リ・ボーン修造”です。15周年のCMを見させてもらって感じたこと『やり過ぎていないだろ!これではリ・ボーン伝わらないだろ!』そんな思いになりました。今回、無理を言ってユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタッフと相談し、僕の思いをぶつけさせていただきました。まさにリ・ボーンCMです」と紹介。「皆さんもあのCM を見て感じてごらん。そして、リ・ボーンしてごらん!」と呼び掛けている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング