長塚京三×麻実れいがアーサー・ミラーの代表作で初共演。米国気鋭の演出家を招いて

2011.10.31 15:00配信
『みんな我が子』制作発表より 『みんな我が子』制作発表より

長塚京三、麻実れいらが出演する舞台『みんな我が子』の制作発表が10月28日都内で行われ、長塚、麻実に加え田島優成、朝海ひかる、柄本佑、演出のダニエル・カトナーが登壇した。

『みんな我が子』のチケット情報

本作は『セールスマンの死』などで知られる現代アメリカ演劇の劇作家アーサー・ミラーによるトニー賞受賞作。ブロードウェイでの初演は1947年、その後2008~2009年に再びブロードウェイで、2010年にはウエストエンドでも話題となった。今回の日本公演では『オペラ座の怪人』『キャバレー』の演出でおなじみのハロルド・プリンスの一番弟子であるダニエル・カトナーが作品を手がける。舞台は第二次大戦後のアメリカのとある家族の一日。父・ジョー(長塚)は家族の前では強い父親として生きてきたが、戦争中のビジネスにおいて他人に明かせない秘密を持っていた。そんなジョー一家を元ビジネス・パートナーの娘で、ジョーの次男の恋人であるアン(朝海)が訪ねてくる。アンの来訪を機に絶望へと突き落とされるジョー。やがて家族は崩壊して……。

麻実から舞台共演のラブコールを受けた長塚は、ミラー作品の無骨な父親像に思い入れがあると言う。「芝居を始めた19~20歳の頃、いつかこういう役をやる日が来るのかな」と思っていたそうで、早くから手に職をつけ事業を興した長塚自らの父親にも重ね合わせ、オールドタイマーだが魅力的な父親たちへのレクイエムの意味も込めるとか。また麻実演じるジョーの妻・ケイトは夫に従順だが、戦争中に行方不明になった次男の帰りを待ち続けている役。「ケイトの心の中は何層もの思いに強いられ、それぞれの思いが同時に進行していく。演じる者として難しい。今は一語一語、一行一行確認中だが、(刺激的なカンパニーで)素敵な何かが先に見えるような気持ち」と心境を語った。

演出のダニエルは「まだ稽古2日目だが、既にこの作品はアメリカの文化を超えたクロスカルチャーで普遍的な作品になっている」と手ごたえを感じているそう。また、「この作品を悲劇と受け止める方も多いと思うが、コメディの部分や心温まるシーンもあり、バラエティに富んでいる」とも語り、観劇後に必ず良いサプライズがあるだろうとアピールも欠かさなかった。『みんな我が子』は12月2日(金)から18日(日)まで、新国立劇場 小劇場にて上演。その後、12月20日(火)・21日(水)には大阪・ サンケイホールブリーゼでも上演される。チケットはいずれも発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング