ライズワン、FXの運用サポートソフト「FONS」

2012.4.20 11:30配信
FX自動売買ソフト「FONS」

ライズワンは、FX(外国為替証拠金取引)運用をサポートするソフト「FONS(フォンス)」を自社サイトで販売している。価格は78万円。サーバー更新費用は年間3万円で、1年目のサーバー費用はソフト代金に含む。

一流プロトレーダーのノウハウを凝縮し、AI(人工知能)を搭載したFX自動売買ソフト。世界中で起こっている膨大な金融情報をリアルタイムに計測・感知して瞬時に処理する。

為替市場は24時間オープンしているので、仕事中や就寝中にチャンスを逃してしまうことがあるが、「自動売買」をオンにしておけば、PCの電源がオフでも稼動するので、24時間チャンスを見逃すことなく資産を運用。ユーザーに代わって24時間最適な売買指示を出して、決済まで自動で行う。テストでは、81.9%という年利を出し続けてきた実績をもつ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング