「独女で何が悪い?」今しかできないこともある! アラサーぼっちの言い分

2016.2.20 10:30

結婚した友人を羨んで過ごすより、「婚活にも手も抜かず、独身を楽しむ!」という姿勢を持って過ごすとシングル生活がもっと楽しくなるもの。今回は結婚に対する「独女の言い分」と、独身の今だからできることについてお届けします。

763989a20df7530542b344729edd2414_s

「今年こそ結婚!」と決意している人も、入籍するその日まで、独女。

積極的に行動しないと、結婚できない今の世ですが、結婚した友人を羨んで過ごすより「いつかは必ず結婚するんだから、今できることを存分に楽しむ」と、婚活にも手も抜かず、独身を楽しむという姿勢を持って過ごすと、シングル生活がもっと楽しくなるもの。いつかは結婚するなら、尚更、独身期間を楽しみましょう!

筆者の周囲には40代、50代、60代の先輩独女がいますが、彼女たちの話を聞くと「独女期間って、過ごし方次第で充実する!」とわかります。

そこで今回は結婚に対する「独女の言い分」と、独身の今だからできることについてお届けします。

『結婚』=『ひとりの男に決める』=ハイリスク!?

結婚するということは、一応「この人に決める!」ということ、ですよね。でも、決めたその相手に、どうしようもない問題があったらどうでしょう。

筆者の知人には、結婚してから、実は夫がDV野郎だったと発覚し、彼の暴力が原因で骨折し、離婚したという人や、夫が、アダルトビデオの闇売買(?)をしていたやばい人物だったなど、結婚後、相手の真の姿を知ったという人がちらほら。

夫となった彼らは、結婚するまではその素性を隠していたので、妻となった彼女たちが“男を見る目がなかった”とか、“見抜けなかった”などは問題ではありません。

決めたその相手がどんな男なのか、結婚してから気付く、結婚するまでわからない……。ひとりの男性に決める結婚、なかなかリスキー。対して、独身という状況なら、まだまだ相手を選び放題。これって案外、幸福なこと!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント