©Disney

東京ディズニーシーのハンガーステージでは、2019年7月23日より、新レギュラーショー「ソング・オブ・ミラージュ」の公演が始まりました。

同所では初めてディズニーの仲間たちが登場するショーとあって、初日から大きな話題を呼んでいます。

この記事では、超絶格好いいパイロット姿で「黄金に輝く川の都=リオ・ドラード」を目指すグーフィーにスポットを当て、ネタバレ控えめ・愛は深めで解説します。

グーフィーがロストリバーデルタに帰ってきたよ! 

©Disney

「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」でのグリーティングが2019年5月31日で終了してしまったグーフィー。

これまでは並べば必ず会って触れ合いができたのに…と、さみしさを感じた方も多いのではないでしょうか。

しかしグーフィーは、「ソング・オブ・ミラージュ」で最高の役割をもってロストリバーデルタに帰ってきてくれました。

それは、ピラニア航空のハンガー(格納庫)に置かれた、古い飛行機のパイロット。

劇中でミッキーが「グーフィー、君の飛行機で(リオ・ドラードを)一緒に探しに行かないかい?」と言っているので、この飛行機がグーフィーのものであることは間違いないはずです。

短編アニメーション『グーフィーのグライダー教室』では、あの手この手で大空を飛ぼうとしていたグーフィー。

そんな彼が、パイロットとしてこのハンガーステージに立っているのは、なんだか感慨深いものがあります。

©Disney

ちなみに、この飛行機は整備をしないと動かないよう。

「うーん、いつ直るのかなぁ?」とおどけるグーフィーが手に持っているジョウロは…整備に必要なはずの油さし!?

飛行機が飛ぶのは、まだまだ先になりそうですね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます