綾瀬はるか&長澤まさみ“姉妹”で受賞 長澤「映画ではエロスを担当しました!」

2016.2.16 20:46配信
長澤まさみ(左)と綾瀬はるか

 「第70回毎日映画コンクール 表彰式」が16日、神奈川県川崎市で行われ、受賞者の綾瀬はるか、長澤まさみ、野田洋次郎、塚本晋也監督ほかが登壇した。

 女優主演賞は『海街diary』(是枝裕和監督)でしっかりものの長女を演じた綾瀬に、助演女優賞は同作で自由奔放(ほんぽう)な次女を演じた長澤に贈られた。

 黒のワンショルダードレスで登場した綾瀬は「このような歴史のある賞をありがとうございます」と喜びのスピーチ。「私の演じた“さち姉”はチャキチャキしていて明快で、普段はすごく優柔不断な私とは真逆の役で、難しいなと思っていたのですが、撮影の中で、これまで気付かなかった新しい自分を発見することができたりして、とっても挑戦的な役でした」と振り返った。

 また、撮影に当たって是枝監督から「『あまり声を張らずに怒ってください』と言われました」と告白。長澤、夏帆、広瀬すずが演じた“妹たち”との共演も楽しんだようで「(長澤演じる)次女は、現場で一番みんなをまとめてくれました。みんなかわいらしくて、私も演じやすかったです」と感謝を述べた。

 一方、長澤は、ボディーラインがくっきり出る黒のドレス姿で登場。盾を手に「すてきな賞を頂き本当にうれしく思います。これからも精進して前に進んでいけたらと思います」と意気込みを語った。

 また「実生活でも2人きょうだいの妹」という長澤は「役への共感もしやすかった。綾瀬さん演じる長女とけんかをするシーンがすごく多いのですが、長女の綾瀬さんが、強く柔らかく…、いつも同じ場所で次女を受け止めてくれるからこの関係性ができたのだと思います」としみじみと振り返った。

 司会の生島ヒロシから「是枝監督から次女はエロス担当だと聞きましたが…」と振られた長澤は「そうですね。『生きるということをひとくくりにした時に、タナトスとエロスでできあがっているのが人間。エロスの部分は次女が担ってほしい』と言われ…。はい、担当しました」と笑顔で応じた。

 「第70回 毎日映画コンクール」の主な各賞受賞者は以下の通り。

【作品部門】
日本映画大賞:『恋人たち』橋口亮輔監督
日本映画優秀賞:『岸辺の旅』黒沢清監督
外国映画ベストワン賞:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督

【監督賞・脚本賞】
監督賞:塚本晋也『野火』
脚本賞:原田眞人『駆込み女と駆出し男』

【俳優部門】
男優主演賞:塚本晋也『野火』
女優主演賞:綾瀬はるか『海街diary』
男優助演賞:加藤健一『母と暮せば』
女優助演賞:長澤まさみ『海街diary』
スポニチグランプリ新人賞:野田洋次郎『トイレのピエタ』
スポニチグランプリ新人賞:藤野涼子『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
田中絹代賞:桃井かおり

【TSUTAYA映画ファン賞】
日本映画部門:『幕が上がる』本広克行監督
外国映画部門:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』クリストファー・マッカリー監督

いま人気の動画

     

人気記事ランキング