ももクロ「喜びを全身で表現しました」 TSUTAYA映画ファン賞を受賞

2016.2.16 21:3配信
(左から)有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

 「第70回毎日映画コンクール 表彰式」が16日、神奈川県川崎市で行われ、TSUTAYA映画ファン賞の日本映画部門を受賞した『幕が上がる』(本広克行監督)に主演したももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏)が登壇した。

 リーダーの百田は「こういう賞の会にお呼ばれするのはちょっと不思議な感じなんですけど、ファンの方に選んでいただけたということがすごくうれしい。ありがとうございます」と喜びをかみしめた。

 また、この日は5人全員が顔にペイントを施しており、これについて百田は「最近はアルバムのコンセプトを全身で表現することが多いのですが、今日は喜びを全身で表現してみました。それぐらいうれしいんです」と笑顔で説明した。

 5人そろっての映画出演は同作が初めて。玉井は一から演技指導をしてくれた本広監督やスタッフに感謝を述べつつ、「お芝居で得た力を私たちの(音楽)活動にも生かすことができた。違うように見えてもどこかでつながっているんだなと気付いた」と語った。

 高城も、平田オリザ氏のワークショップを振り返り、「普段、意識しないで生活していることを、より意識することがお芝居につながるんだと思った。普段、自然とやっていることがお芝居だと自然にできなくなっちゃうことがあって…、それが新しい発見でした」と語った。

 有安も「何かを伝えるということに関しては、歌もダンスもお芝居も一緒だと思っている。これからもいろんな形でたくさんの人に私たちのパワーや何か訴えられるようなことを表現していけたら」と意欲的に語った。

「第70回 毎日映画コンクール」の主な各賞受賞者は以下の通り。

【作品部門】
日本映画大賞:『恋人たち』橋口亮輔監督
日本映画優秀賞:『岸辺の旅』黒沢清監督
外国映画ベストワン賞:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督

【監督賞・脚本賞】
監督賞:塚本晋也『野火』
脚本賞:原田眞人『駆込み女と駆出し男』

【俳優部門】
男優主演賞:塚本晋也『野火』
女優主演賞:綾瀬はるか『海街diary』
男優助演賞:加藤健一『母と暮せば』
女優助演賞:長澤まさみ『海街diary』
スポニチグランプリ新人賞:野田洋次郎『トイレのピエタ』
スポニチグランプリ新人賞:藤野涼子『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
田中絹代賞:桃井かおり

【TSUTAYA映画ファン賞】
日本映画部門:『幕が上がる』本広克行監督
外国映画部門:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』クリストファー・マッカリー監督

いま人気の動画

     

人気記事ランキング