何気ない会話をしていたはずなのに、突然彼氏が爆発して大ゲンカにつながった。ちょっとした口論がエスカレートして彼が爆発して大ゲンカになり、収拾がつかなくなった。

彼氏とのおつきあいが長い女性ほど、一度や二度はそういった経験があるはず。

こういった時、多くの女性は恐怖心から感情的になって反論したりすることが多いですが、ほとんどの場合、逆効果です。

さらに彼氏に火がついて、ケンカが長引いたり、最悪の場合、すれ違いや別れを生んでしまうことも。

こういった場合、どうすれば彼氏とのケンカを収束できるでしょうか。実は落ち着いて対応すればスムーズに解決できます。

1: まずは黙って耳を傾ける

彼氏が爆発している時、多くの女性は恐怖心から大きな声で反論してしまうことが多いと思います。

これはまったくの逆効果。女性の側からしてみれば、まったく理解できないことであっても、男性からみれば大義名分が成り立つので怒っているケースがほとんどです。

したがって、大声をあげて反論すると、火にガソリンを注ぐようなもので、さらに彼氏は感情的になります。

ここは気持ちを落ち着けて、彼氏の言葉に黙って耳を傾けましょう。

もちろん、彼氏が暴力をふるうなどといった、身体的な被害を与えたり、あなたの人格を攻撃するようなことを言う場合は、その限りではありません。

もし彼氏がそういった行動をとるなら、お付き合いをやめる良い機会だと考えたほうがよいでしょう。

2: 質問の仕方を変えてみて

男女問わず、感情的になっている時は、相手に自分の胸の内を言葉で伝えることが困難になります。男性は特にその傾向が強いと思ってください。

また、男性と女性の考え方の違いから、彼氏がどのようなことで怒っているのかが理解できないこともあると思います。

そのため、「●●のことで怒っているのね」という話し方をされると、的が外れていた場合、さらに彼氏の怒りに火がつきます。

「ごめんなさい。なんであなたが怒っているのかわからないんだけど、●●のことで怒っているの?」というように、自分は本当にあなたが怒っている理由が分からないから、気にさわることをしてしまったが、謝る意志があるという姿勢を見せた問いかけをしてみましょう。

親しく交際している女性に対して、男性はつい感情を荒らげてしまったと考えて、気まずい思いをしていることがほとんどですから、あなたに対して愛情があるなら、彼氏の態度は必ず軟化します。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます