【速報】キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」など全8製品を発表

2016.2.18 15:7配信
デジカメ市場と新製品の狙いについて語る坂田正弘社長

キヤノンは2月18日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」やプレミアムコンパクトカメラ「PowerShot G7 X Mark II」、カメラやスマートフォンからWiーFi接続で簡単に印刷できる「SELPHY CP 1200」など、計8製品を発表した。

新製品発表会の冒頭で、キヤノンマーケティングジャパンの坂田正弘社長はデジタルカメラの国内市場動向について、「レンズ交換式カメラの出荷台数は、消費増税の反動もあり、2014年の出荷台数181万台に対し、15年は163万台にまで減少したが、16年は15年と同程度の160万台の出荷数になると想定している」との見解を明らかにした。

キヤノンの販売シェアについては、「キヤノンは15年もレンズ交換式カメラでNo.1、一眼レフ市場では50%以上のシェアを獲得、コンパクトデジカメ市場でも過去最高の30%以上のシェアを獲得できた。15年は14年の売り上げを上回り事業を拡大できた。引き続きカメラ市場を盛り上げていきたい」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング