ソニー、自転車・バイクの振動ブレを抑えるアクションカメラ

2016.2.18 17:25配信
「HDR-AS50」(左)とライブビューリモコン

ソニーは、スポーツやレジャーシーンでブレを抑えた高画質撮影機能を手軽に楽しめるアクションカメラ「アクションカム」の新製品として、「HDR-AS50」と、小型ライブビューリモコンが付属する「HDR-AS50R」を3月4日に発売する。価格はどちらもオープンで、税別の実勢価格は「HDR-AS50」が2万5000円前後、「HDR-AS50R」が4万円前後の見込み。

フラッグシップモデル「FDR-X1000V」「HDR-AS200V」と同等のブレ補正機能の採用によって、自転車やバイクなどブレが気になるシーンでも安定した映像を撮影できる。ZEISSテッサーレンズ、有効画素数約1110万画素の「Exmor R」CMOSセンサ、画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載するとともに、約50Mbpsでのハイビットレート撮影が可能なXAVC Sフォーマットに対応し、細かい動きのシーンでもブロックノイズの発生を抑え、よりクリアで高精細な映像を記録できる。

撮影機能としては、広角撮影が可能な「ワイド」と、画角を狭める「ロー」の2種類の画角設定を選べるほか、3倍ズームにも対応する。また、一定間隔で829万画素の静止画撮影を行うタイムラプス撮影に対応しており、PC向け編集ソフト「Action Cam Movie Creator」を使用すれば4K画質のタイムラプス映像を、スマートフォン/タブレット端末向けアプリ「Action Cam App」を使えばフルHDのタイムラプス映像を制作できる。

「HDR-AS50R」には、従来機種「RM-LVR2」と比較して約30%の小型化を実現した新ライブビューリモコンが付属するとともに、腕に装着可能なベルトや、三脚ネジ穴対応のマウントアダプターも付属しているので、使用シーンに合わせてさまざまなスタイルで装着できる。なお、ライブビューリモコンは防水仕様なので、水辺や雨天時でも安心して使える。

ライブビューリモコンの画面は、カメラ本体と共通で、メニュー項目やレイアウトが見やすく、より直感的な操作が可能な新しいユーザーインターフェイスを採用した。

このほか「HDR-AS50」「HDR-AS50R」ともに、水深60mまでの水中撮影に対応し、防じん性能・耐衝撃性能を備えたアンダーウォーターハウジングが付属する。アンダーウォーターハウジングは、平面レンズによって水中でもクリアな撮影を実現し、装着時でもカメラ本体のすべてのボタンを操作できる。

対応メディアは、メモリースティックマイクロ(MARK2)、microSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅24.2×高さ47.0×奥行き83.0mmで、重さは約83g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング