ディーン・フジオカ、主演作が“逆輸入”公開

2016.2.18 19:56配信
ディーン・フジオカ

台湾を拠点に活躍し、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の“五代様”役で大ブレイク中のディーン・フジオカが2月18日に、都内で行われた主演作『NINJA THE MONSTER』の先行上映会に、共演の森川葵とともに出席した。

その他の写真

松竹が若手映画人育成のために発足した『ブルーラインレーベル』で製作され、初めて海外マーケットに狙いを定めたアクション作品。昨夏にカナダで開催の第19回ファンタジア国際映画祭でワールドプレミア上映され、すでにアジア数カ国での配給が決定済み。今回、フジオカの大ブレイクをきっかけに、日本での“逆輸入”公開が決まり、「観てもらえれば、この先にどんな旅が続くのかイマジネーションが沸くはず。あくまで序章のつもりなので、ネクストレベルに行けるように応援していただければ」とアピールした。

幕府が“忍者禁止令”を発布した江戸時代を舞台に、忍であることを隠す伝蔵(フジオカ)が、幸姫(森川)を江戸へ送り届けるため、謎の“もののけ”との死闘を繰り広げる。「両手で刀をもつ日本流の殺陣のトレーニングはもちろん、生きることを否定された忍者の精神状態を自分なり洞察した」と役作りをコメント。メガホンをとるのは、『太秦ライムライト』の落合賢監督。『超高速!参勤交代』の土橋章宏が脚本を手がける一方、ハリウッドから撮影・VFXスタッフが参加しており、「京都の撮影所で、日本の伝統の良さを知った」と振り返った。

ヒロイン役の森川は「監督もカメラマンさんも、ディーンさんも英語を話せるので、会話の輪に入れなかった(笑)」と国際色豊かな現場の様子を明かし、「過酷な現場でしたが、ディーンさんからチョコや干し柿をもらった」。このエピソードに対し、フジオカは「そういえば、現場で餅もつきましたね」と秘話を語った。

『NINJA THE MONSTER』
2月20日(土)より新宿ピカデリーほか1週間限定公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング