「倉科さん、初めまして…?」 関係ないのに鈴木拓が舞台あいさつに登場

2016.2.18 22:13配信
主人公・山田太郎役の松山ケンイチ

 映画『珍遊記』完成披露上映会舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平と脚本を手掛けるおおかわら(鬼ヶ島)、相方のアイアム野田、山口雄大監督、ドランクドラゴンの鈴木拓が出席した。

 この作品は、1990年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された漫☆画太郎氏による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写映画化したもの。

 松山に手を引かれる形で、登壇予定のなかった野田、同じく溝端に連れられて鈴木もステージに登場した。出演者でもある野田は「俺は出演者です! 本当です、信じてください」と必死にアピールしたが、まったくの部外者である鈴木は「僕、この映画に1ミリも関係ない。嫌な汗をかいてきた」と戸惑いを隠せない様子だった。

 「そのへんをちょろちょろしていたので連れてきた」と何食わぬ顔の溝端は「こういう舞台あいさつは緊張するのですが、今日は友達が来てくれているので心強いです」と笑いを誘い、鈴木は一転してしっかりとマイクを手に「まったく見ていないのでお客さんと同じ気持ち。倉科さん、初めまして」とマイペースにあいさつした。

 実写映画化決定の第1報でネット上でも広く衝撃の走ったこの作品だが、オファーを受けた際の率直な感想を問われた主人公・山田太郎役の松山は「めちゃくちゃな原作ですから、映画として成立するのかどうかということもまったく分からない。漫☆画太郎さんのファンでしたし、雄大さんとも長編でぜひ一緒に面白い世界に行きたいと思っていたので、この作品はベストだった」と振り返った。

 玄奘を演じた倉科は「心がけたのは仏の心でいることと、松山さんといつも対極のテンションでいること」と役づくりを語り、劇中で発する下ネタ的なせりふや丸刈り頭の特殊メイクには「お話をいただいたときは何も考えていなかった。出来上がってから皆さんに『大丈夫?』と言われて、私はこんなに下品なことを言っていたのだと自分ですごくびっくりしています」とぼうぜんと語っていた。

 映画は2月27日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング