二宮和也、“生身の出演”に感激

2016.2.22 16:46配信
殺せんせーと菅田将暉

コミックス累計発行部数が2000万部を突破した人気漫画『暗殺教室』の連載が3月に完結することがわかった。2月22日発売の週刊少年ジャンプ・12号にて、「ラストまであと5回」と発表。同日、都内で実写映画『暗殺教室~卒業編~』(羽住英一郎監督)の完成報告会見が行われ、原作者の松井優征氏が、「連載が始まった当初から『これでなければ』という結末を決めていた。前作以上に、映画にも関わらせていただき、満足いく脚本になった」と思いを語った。

その他の写真

翌年春の地球破壊を宣言する謎の生命体“殺せんせー”と、その暗殺を命じられた落ちこぼれ中学生“3年E組”の奮闘と成長を描く同シリーズ。2012年に連載がスタートし、2015年にはテレビアニメ第1期の放送及び、映画第1弾が公開され、興収27.7億円のヒットを記録。この度、連載完結が発表されたことで、放送中のテレビアニメ第2期&『暗殺教室~卒業編~』と連動した“衝撃ラスト”を迎える。

「まったく同じ“卒業”のタイミングで、原作と映画が同じエンディングを迎えるため、半年くらい前から(連載の)ストーリーや台詞、ビジュアルや演出を決めて、映画と共有させてもらった。羽住監督が原作を大切にしてくれたおかげ」と松井氏。一方、羽住監督は「お互いに狙いを共通しながら、未知の試みに挑んだ。連載を読み終わった読者が、どんな気持ちで映画を見るか予想できない難しさがあった」と振り返った。

会見には松井氏と羽住監督に加えて、主演の山田涼介、二宮和也、菅田将暉 山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平が出席。主人公・渚を演じる山田は「前作に比べて、男らしい役作りを心がけた」といい、「中学生役でしたが、正直まだまだ捨てたもんじゃないなと(笑)。今は『暗殺教室』に出会えて、感謝しかない」と語った。

一方、前作では、殺せんせーの声のみの出演だった二宮は、「知られざる殺せんせーのエピソードの一端になれて光栄」と“生身の出演”に感激しきり。後輩・山田については「お芝居はもちろん、グループの活動もコンスタントにこなしていて、すごい」と太鼓判を押した。

『暗殺教室~卒業編~』
3月25日(金)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング