D・ビチルが『エイリアン』最新作に出演

2016.2.24 11:47配信

デミアン・ビチルが、リドリー・スコット監督の『Alien: Covenant(エイリアン:カバナント』に出演することがわかった。2012年の『プロメテウス』の続編で、ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ダニー・マクブライドらが出演する。ビチルの役柄は、わかっていない。撮影はオーストラリアで行われる予定。北米公開は2017年10月6日。

その他の情報

ビチルの最新作は、現在北米公開中のクエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』。スコット監督の最新作は、オスカーに作品部門、主演男優部門ほか7部門でノミネートされている『オデッセイ』。『オデッセイ』はこれまでに全世界で6億2000万ドルを売り上げており、スコット監督のキャリアで最高のヒット作となっている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング