エネルギーに満ち溢れた『焼肉ドラゴン』稽古場

2016.2.26 16:50配信
舞台『焼肉ドラゴン』稽古場より 舞台『焼肉ドラゴン』稽古場より

戦後日本が復興、高度経済成長を遂げていく陰で、差別や故郷を離れた寂しさの中、たくましく生きる在日コリアンたちを描いた鄭義信の三部作が新国立劇場にて一挙再演される。 第1弾として、万博開催前後の関西で、焼肉屋を営む一家の悲哀をつづった『焼肉ドラゴン』が3月7日(月)に開幕する。初日まで3週間を切った稽古場は日韓の俳優たちの熱気に包まれていた――。

舞台『焼肉ドラゴン』チケット情報

稽古場には本番と同じセットが組まれているが、細部に至るまでリアリティが追求されており圧巻! 錆びかけた看板、シミで汚れた壁、手前の道は見るからに水はけが悪そうで泥っぽく、湿気やドブ川のニオイまで伝わってきそう。精緻に作りこまれているが、リアルであるがゆえになおさらもの哀しい…。

アボジ(=父)役のハ・ソングァン、オモニ(=母)を演じるナム・ミジョンをはじめ、キャストの約3分の1が韓国人俳優であり、通訳を介して日本語、韓国語が飛び交う。ちなみに自ら演出を務める鄭は、韓国人俳優であろうと一切の容赦なく、日本語のセリフの言い回しや間について細かく指導をし、何度も同じシーンを繰り返す。これこそ、俳優たちが制作会見時から口にしていた鄭の「しつこく粘着質の演出」である。

狭い空間、近い人間関係の中で展開していくドラマは嫌でも濃厚にならざるを得ない。長女・静花(馬渕英里何)は韓国から日本へ来た青年(キム・ウヌ)と婚約するが、次女・梨花(中村ゆり)の夫の哲男(高橋努)は静花に今でも恋心を抱いており、それを知る梨花は常連客の日白(ユウ・ヨンウク)と関係を持つ。三女の美花(チョン・ヘソン)の恋人は妻ある日本人……。「ないものねだりや!」と怒りを込めて叫ぶ母。「結局、男なんか似たり寄ったり」 と嘆息する三女。それでも身を寄せ合い生きる彼女たちは誰かを求めずにいられない。

そんな激しい感情のぶつかり合いの中で、ひときわ強い存在感を放つのは、母を演じるナム・ミジョンと父を演じるハ・ソングァンのふたり。ナムが「お母ちゃん、絶対に許さん!」と“肝っ玉母さん”という表現がぴったりの“熱”を見せる一方で、父は、静かにそこにいるだけで一家の大黒柱としてのぶれることのない強さを見せつける。「古い話をしてえぇですか… ?」。三女との結婚の挨拶に来た男を前に、静かに自身の半生を語り始める父。「働いた、働いた…また働いた――」 。片言の日本語に哀愁がにじむ。

明るく楽しい人生が描かれているわけではないのに、全力で生きる彼らのエネルギーゆえか、登場人物たちの姿は滑稽で、全体を通して笑いであふれている。そして、心に深く突き刺さる。この圧倒的なエネルギーをぜひ舞台で感じてほしい。

公演は3月7日(月)から27日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて。兵庫公演あり。チケットは発売中。

取材・文・撮影:黒豆直樹

いま人気の動画

     

人気記事ランキング