【続・こども食堂】一大ブームの先駆けとなった「ねりまこども食堂」のその後に迫る!

いま、全国的に広がりを見せる「こども食堂」。ハピママ*が昨年取材した「ねりまこども食堂」の支援イベントが開催されるとのことで、代表の金子よしえさんにその後の進展や現在の課題点などを伺ってきました!

IMG_7075-1

貧食、孤食など、子どもの食にまつわる問題解決のために開設された「こども食堂」が現在、全国的に広がりを見せています。

ハピママ*(ウレぴあ総研)でも昨年『【こども食堂】おばちゃんが300円でお腹いっぱいにしてくれる! “子ども専用”食堂があったかい』という記事で、練馬区にある「ねりまこども食堂」を紹介し、大きな反響を呼びました。

毎回、食堂は満員御礼、「私もこども食堂を開きたい!」と全国からお客さんが集まるほど、社会現象とも呼べる状況です。

急成長するとともに様々な課題にも直面し、2年目を迎えた「ねりまこども食堂」。

代表の金子よしえさんに、その後のこども食堂についてお話を伺うために、先日開催された「ねりまこども食堂支援イベント」にお邪魔してきました!

安定した運営を続けるために、支援イベントを実施しました

支援イベントが開催されたのは西武池袋線・桜台駅にある「桜台ジョイジョイステーション」。

マンションの地下を使ったイベントスペースです。

マンションの前では「こども食堂」のロゴが入ったジャンバーを着たスタッフの皆さんが誘導をしていました!

会場前に飾られてた今回のイベントのチラシ。通り過ぎる人々も興味深そうに眺めていました。会場前に飾られてた今回のイベントのチラシ。通り過ぎる人々も興味深そうに眺めていました。

今回のイベントは支援イベントということもあり、お客さんは大人がメイン。

こじんまりとしたスペースですが、100人以上ある席が満席になり、ものすごい熱気に包まれていました。

「ねりまこども食堂」代表の金子よしえさん。この日はイベントだったので華やかでしたが、いつも通りエプロンはかかせません!「ねりまこども食堂」代表の金子よしえさん。この日はイベントだったので華やかでしたが、いつも通りエプロンはかかせません!

開演の前に、「ねりまこども食堂」代表の金子よしえさんが挨拶として、今回のイベントの趣旨について語りました。

「いま、6人に1人と言われるこどもの貧困。かつてはこどもの貧困は『あの子、ご飯食べてないだろうな』と、一目見ると分かるものでした。でも今の子どもは『ご飯食べてないの?』と聞かれても『ううん』って隠すんです」

「ねりま子ども食堂」はオープン当時から注目を集め、今は全国から「こども食堂の作り方を教えてください!」と金子さんの周りに人が集まっているそうです。

日頃はカルチャースクールやアナウンス学校で講師を務める金子さんは、今「こども食堂の作り方」セミナーの講師も担当しているとか。そのセミナーもあまりの人気で多くの生徒さんが待機中だそうです。

しかし、順風満帆に見えるこども食堂の運営について金子さんは「今は野菜の供給も、寄付金も十分にある状態ですが、人は熱しやすく冷めやすいものです。再来年くらいには『こども食堂って何だっけ?』と忘れているかもしれない。だからこれからも資金が必要だし、寄付も募っています」と継続の重要性を語っていました。

「こども食堂なんて必要ない世の中がもちろん理想。だけど必要なくなるまで続けるつもりです」

多忙を極める金子さんに、今回特別にお時間をいただけたので、「こども食堂」運営の課題点などを聞いてきました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント