作品賞を制したのは『スポットライト』

2016.2.29 15:19配信
『スポットライト 世紀のスクープ』Photo by Kerry Hayes (C)2015 SPOTLIGHT FILM. LLC

第88回アカデミー賞授賞式が2月29日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、実話をもとに、カトリック教会が隠ぺいする性的虐待を暴いた新聞記者の奮闘を描いた『スポットライト 世紀のスクープ』(トム・マッカーシー監督)が作品賞を受賞。同作は脚本賞も受賞し、2冠に輝いた。

その他の画像

オスカー前哨戦といわれる有力アワードで、受賞結果が割れ、近年まれに見る大接戦だった本年度の作品賞。史上初となる2年連続同一監督による作品賞受賞がかかった『レヴェナント 蘇えりし者』(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)、不動産投資バブルの崩壊を痛快に描く『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アダム・マッケイ監督)など強力なライバルを打ち破った。「予想外」であると同時に、「下馬評通り」という結果に、本年度作品賞候補の充実ぶりが見て取れる。

一方、『レヴェナント 蘇えりし者』のイニャリトゥは2年連続で、監督賞を獲得し、アカデミー賞史上3人目となる快挙を達成。同作ではレオナルド・ディカプリオが念願だった主演男優賞、エマニュエル・ルベツキが3年連続で撮影賞に輝き、作品同様の力強さを見せつけた。下馬評が高かった『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は、脚色賞のみを受賞した。

そして今年の“真の主役”として、最も輝きを放ったのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー監督)。衣装デザイン賞、美術賞、メイク・ヘアスタイリング賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の6冠を受賞し、本年度の最多受賞作品となった。惜しくも作品賞、監督賞は逃したが、同作を高く評価することで、アカデミー賞の価値は新たな可能性に向かいつつあるといえるだろう。

『スポットライト 世紀のスクープ』
4月15日(金)、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

「第88回アカデミー賞授賞式」
WOWOWにて2月29日(月)夜9:00~〔字幕版〕

「第88回アカデミー賞授賞式ダイジェスト」
wowowにて3月5日(土)夜8:00~〔字幕版〕

いま人気の動画

     

人気記事ランキング