猛暑が続いていますが、夏ならではのレジャーといえばキャンプ。

アウトドアが苦手でも、いつか家族でキャンプデビューするのが憧れているママもいるのでは?

最近では、ベランダでアウトドアを楽しむベランピングや、野外でのバーベキューもインスタグラムなどでよく見かけます。

より身近なものへとなってきたキャンプ。女性でも簡単に建てられるテントや、イスとテーブルがセットになったオールインファニチャーもあるので、慣れればママと子ども同士でも気軽に出かけられます。

アウトドア用品の日常使いが、流行!実は防災にも役立つ

テーブルとチェアがあれば、どこでもチェアリング。

最近は、インスタグラムで、#おうち使いや#お庭あそびというタグで、アウトドア用のチェアやマットなどを自宅で使っている画像を上げている人も増えているとか。

アウトドア用品の日常使いが、流行っているようです。

アウトドア用品は耐久性も高いので、これから購入を考えている人は検討してみても良いかもしれません。

アウトドア用品の中でも、寝袋やLEDライトは持っていると防災時にも役立つので、一つ常備しておいてもいいかもしれません。

体験会では、アウトドアクリエイターズユニット「CAMMOK」さんによるアウトドア料理の実演もありました。

簡単に作れるケーキやオムレツ。

コールマンから発売されている『おつまみクッカー』で、豆乳バナナケーキや、まんまるオムライスなどを実際に調理していました。

どれも片手で食べられる手軽なおつまみで、子どもにも喜ばれそうです。親子で野外で料理をすると、子どもも料理に興味を持てるかもしれません。

5歳児が初めてのテント設営に挑戦!

テントを広げてみます。

この体験会では、テントの設営体験ができました。5歳になる娘は、「やりたい人」というコールマンの方の掛け声に従って、手を挙げて一緒に初のテント設営を体験しました。

大人たちは23人のグループに分かれて、各自テントの設営を始めます。コールマンの方の説明を聞きながら、骨組みを組み立てて、テントに通していきます。

娘も、教えて貰いながら上手にポールを伸ばしたり、テントにポールを通したりと全身を使って作っていました。

普段は、引っ込み思案な性格の子どもでも、キャンプ場に来ると積極的にトライしてみるようになりそうです。

大人の女性のグループも、テントを起こして建てる時など、コツがわかるまでは難しそうにやり直していました。もしかしたら、簡単にテントを組み立てられたら、子どもから尊敬の念を抱かれるかもしれません。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます