その鼻水、くしゃみ「寒暖差アレルギー」かも!? 要注意な症状と対処法まとめ

最近、鼻水や鼻づまりに悩まされていませんか? あなたのそれは、花粉症や風邪ではなく「寒暖差アレルギー」かもしれません。特徴や予防法をご紹介します。

c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_s

冬から春への季節の変わり目、「ついに花粉症になってしまったかも」と面食らっている人、「熱もないのに風邪が長引くなぁ…」と感じている人はいませんか?

もしかしたら、あなたのその鼻づまりは「寒暖差アレルギー」かもしれません。
そこで今回は、寒暖差エネルギーについてご紹介しましょう。

寒暖差アレルギー「血管運動性鼻炎」の症状

寒暖差アレルギーの正式な病名は「血管運動性鼻炎」です。気温の寒暖差が激しいと自律神経が乱れて、気温変化に敏感な鼻の血管を拡張させ、腫れて鼻詰まりが起きやすくなるといわれています。血流を良くして、冷たい空気で冷えた鼻を温めようと頑張りすぎた結果で。

代表的な症状は、くしゃみや鼻水・鼻づまり、食欲不振、倦怠感といった鼻風邪の初期症状のような体調不良ですが、ウィルスが原因ではないので、熱は上がりません。そのため、花粉が飛び始める季節ということもあり、花粉症と間違う人もいます。

他にもよく眠れなくなったり、イライラ・カリカリしやすい・落ち込みやすいといった精神的に不安定になることもあります。まれに頭痛や蕁麻疹に悩まされる人もいます。

このように、人によってさまざまな症状が起こるのは、自律神経が身体の至る部分に影響を及ぼしているからです。

自律神経が乱れて起きてしまう症状なので、薬で完治とはいきませんが、一時的な症状の緩和はできます。

でも、自己診断は危険ですから、寒暖差アレルギーなのか、そうでないのかを医師に診断してもらうことをお勧めします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント