【iKON】海外アーティスト史上“最速”日本デビュー後武道館ライブを徹底レポート!【写真満載】

今年1月に日本デビューを果たし、デビュー直後にもかかわらず全国5都市14公演の全国アリーナツアーを行ったiKON。海外アーティストの歴史を塗り替えた彼らの日本武道館ライブの模様を徹底レポート!

iKON 左からドンヒョク、チャヌ、ジナン、B.I、ジュネ、BOBBY、ユニョン

BIGBANGらを擁するYGエンターテインメントが放つ大型新人として大注目を浴びるなか、今年1月に日本デビューを果たした7人組のダンス&ボーカルグループiKON(アイコン)。デビュー直後にもかかわらず全国5都市14公演の全国アリーナツアー「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」を開催。2月15日・16日には、多くの海外アーティストの歴史を塗り替える新たな記録として、日本デビューから最速となる武道館ライブを行った。

日本デビューアルバム『WELCOME BACK』を引っさげた今回のツアーは、すべての作詞作曲に参加しているリーダーのB.Iと、YGの名プロデューサー陣TEDDY、CHOICE37、KUSH、G-DRAGON等が作り出した楽曲は言わずもがな、クールなだけでなく、まだ平均年齢19歳のグループらしい瑞々しさや大胆さなどなど、等身大の魅力も堪能できるステージに仕上がっていた。

そして、初となるコンサートツアーということで、何より意味深かったのは、iKONが結成されるまでの道のりのなかで生まれたストーリーのある楽曲を通して、メンバーとiKONIC(iKONのファン)が、再会を喜び、絆を確かめ合い、これからを誓う時間となったことだった。

2月16日公演。最新曲『DUMB & DUMBER』のミュージックビデオがスクリーンに流れると、照明が落ちた会場に真っ赤なKONBAT(iKON公式ペンライト)が激しく揺れ動き、iKONICの掛け声も次第に勢い増して大きくなる。透けた幕越しに見えるステージにはリフターの上で、幕が開けるのを待ち構える7人の姿。

サイレン音が鳴るなか、舞台後方のメインスクリーンに映し出される日付タイマーが、進んでは止まる。クローズアップされた日付は、韓国正式デビュー前にWARM-UP SINGLE『MY TYPE』がリリースされた9月15日、韓国デビューコンサートが行われた10月3日、韓国にて1stフルアルバムが発売された12月24日、日本デビューを果たした1月13日、iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN SEOUL開催の1月30日・31日――。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント