「二宮和也さんになるべく静かにしてろよと言われた」 ももクロが日本アカデミー賞で話題賞を受賞

2016.3.5 12:14配信
『幕が上がる』で話題賞の俳優部門を受賞したももいろクローバーZ

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『幕が上がる』に主演したももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏)が登壇した。

 ももクロは、高校の演劇部を舞台にした同作で話題賞の俳優部門を受賞。同賞は全国の映画ファンによって選ばれるもので、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を通じ、一般聴取者の投票で決定した。

 それぞれイメージカラーのドレスを身にまとって登場した5人は「話題賞を頂きました。私たち週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!!」とおなじみのポーズであいさつした。

 リーダーの百田は「今日はちゃんとした格好で来ました。やっぱり、普段テレビの画面の中にいる方々が目の前にいるのですごく緊張します。二宮(和也)さんに『なるべく静かにしてろよ』と(事前に)言われたのですが、ちょっと(Zのポーズを)やってしまいました」と語り、はにかんだ表情を見せた。

 高城も「この映画を撮った時から『いつか(日本)アカデミー賞を取ってレッドカーペットを歩きたい』と夢を世に(向けて)言っていて…。みんなからは“絶対に無理だろ”という目で見られてきたけれど、たくさんの方に映画を見てもらい、話題賞を取れてうれしいです」と語り、「まだまだ未熟な私たちですが、映画界の仲間入りがちょっとでもできるように頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

 また、話題賞の作品部門は、高校生漫画家コンビの奮闘を描いた『バクマン。』が受賞。メガホンを取った大根仁監督は「話題賞は、このアカデミー賞の中で唯一、一般の方の投票で決まる賞。若い方が支持してくださったということで、最優秀作品賞よりうれしい」と感謝した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング