ソウルの東に広がる「江原道(カンウォンド)」は、2018年の冬季五輪開催地の平昌(ピョンチャン)を抱え、これからますます注目を浴びそうなエリア。3月3日から8日まで東京・四谷にあるコリアセンターにて行われた、江原道観光写真展の“お楽しみイベント”の様子をレポート♪

江原道名物「タッカンジョン」と「カムジャジョン」

今月3日から8日まで、東京・四谷にあるコリアセンター1Fの「ギャラリーMI」で行われた、江原道のとっておきの写真を集めた観光写真展。その開催を記念して3月5日に行われた“お楽しみイベント”の模様をレポートしましょう!

地下鉄四谷三丁目駅から徒歩3分、独特なデザインのガラス張りの建物が目印の韓国文化院・コリアセンター。韓国の文化や観光、スポーツ、産業などの交流の場として2013にオープンしました。各種公演などが行われるハンマダンホールがあり、駐日韓国文化院や韓国観光公社などが入っています。江原道観光事務所もこちらにありますよ♪

コリアセンターの建物に入り、1階の奥にあるギャラリーMIにて、今回の展示およびイベントが行われました。もちろん入場は無料!

 

江原道の素敵な写真がたくさん展示されているほか、江原道を紹介する映像の上映なども行われていました。

江原道といえば、やっぱり豊富な自然が自慢ですよね!雄大な自然が織り成す絶景が収められた数々の写真を見ていると、この地のリゾートに泊まってゆっくり自然を満喫してみたいという気持ちになりますね。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント