"高級熟成肉"を焼肉&ステーキで食べつくす!「エイジングビーフTOKYO」の肉クオリティがすごい【実食レポ】

いま大人気のお肉といえば「熟成肉」。今回は絶品の熟成肉を「焼肉とステーキ」でそれぞれ堪能できる「熟成肉専門店&グリルドエイジングビーフTOKYO」の実食レポをお届け!

特選ヒレ特選ヒレ

歓送迎会やお祝いなどで、食事会をする機会が多くなるこの季節、お店選びが本当に大変!!

しかもお店はオシャレなのに料理の味がイマイチだったり、美味しいけど店が汚くて落ち着かない・・・など、いろんなところでガッカリしちゃうことって多いですよね?

新宿に飲食店は数多ありますが、「当たり」を見つけるのはとても難しいー!!

そんな時は、美味しくてお洒落な「エイジングビーフTOKYO」がおススメ。北欧風の店内とお肉以外のサイドメニューも充実。初任給で美味しいものを食べるんだ!!と、気合いを入れている新社会人も必見!!

あなたは焼肉?それともステーキ?どっちを食べる~??

エレベーターを降りたらいきなり「肉」!!

エレベーターを降りたら目の前にドドン!!と肉の塊がズラーーリ。

DSC_0880

ショーケースは、宝石のショーケースをイメージして作った特注の熟成庫なんだそう。お肉を宝石に見立てるなんて、さっそくお店の熱を感じちゃいますよね(笑)

まさに「お肉の宝石箱やぁ~!!」

「エイジングビーフTOKYO」は、牛を一頭買いしているので、いろんな部位を選ぶことができます。お肉ラバーなら、ショーケースに張り付いてずっと眺めていたくなること間違いなし。聞いたことのない部位もあるので、勉強になります。

DSC_0873

そしてニヤニヤ・・・どこの部分をどう食べようか。。。まだ焼いてもないうちからヨダレがでそうー!!

サーロインサーロイン

いい感じの熟成具合・・・とか思わず知ったかぶりしたくなる佇まい。サーロインといえばステーキかな。でも焼肉で食べても絶対に美味しいはず。なんと言っても「国産黒和牛」ですもんね!!

しかも同じフロアに「エイジングビーフTOKYO」は2店舗入っています。右がステーキ店、左が焼肉店。上下じゃなくて右と左。どっちを選んでも天国!! ああーっ、迷っちゃう~(汗)

でも、こんなHAPPYな運命の選択なら大歓迎ですよね!!

そもそも「熟成肉」ってナニ?

最近、熟成肉ってよく聞くけど、一体ナニ?・・・と、言う人もまだ多いですよね。

お店を選ぶ前に熟成肉について簡単に説明しますね。

「熟成肉」は、お肉を一定の温度で貯蔵しておくことをいいます。
貯蔵している機関に、酵素の働きで保水性が高まります。そうなることで、旨みのもとになるアミノ酸やペプチドが通常の肉よりも高まり、その味わいや香りを楽しむことができます。

また、熟成方法にはふたつあり、真空パックに入れた状態で熟成させる方法を「ウェットエイジング」といい、この技法は通常流通している「熟成肉」というものに当たります。

そして「エイジングビーフTOKYO」では、もう一つの技術である「ドライエイジング」という熟成方法で、お肉を熟成させています。この方法は専用の熟成庫で長期熟成し、香りと味わいをさらに深いものにしています。

ドライエイジングは、徹底した温度管理や調理技術を必要としているので、お肉に情熱を注げるスタッフがいないと成り立たないとも言えるかもしれません。・・・だって一歩間違えたら腐っちゃうんですもんね(汗)

徹底的な管理と調理にこだわり続ける「エイジングビーフTOKYO」の『熟成和牛』をご紹介します。

まずは「熟成肉・熟成牛焼肉」からご紹介

店内に入ると目の前に広々としたカウンター、そして北欧風の素敵なインテリアが今までの焼肉店のイメージを払拭します。

オシャレカフェのような店内では、女性客やカップルが美味しそうにお肉を頬張っています。

客層はオシャレ意識の高そうな女性が多く、お買い物帰りかOLさんぽい雰囲気に見えます。

女性客のテーブルには、思わず目が見開いてしまうほど分厚く切られたお肉の盛り合わせが所狭しと並べられ、楽しげに焼き焼き。

スパークリングワインなどを片手にオシャレに焼肉を楽しんでいます。

これは期待できますね~!!

熟成牛タン&フレッシュな牛タンの食べ比べセット

それではまず、最初に食べる肉の定番「牛タン」から。

左が熟成牛タン、右がフレッシュな牛タン左が熟成牛タン、右がフレッシュな牛タン

熟成された牛タンと、新鮮な牛タン。何が違うのかというと、まず焼く前の違いは「色」ですね。熟成させることにより、赤い部分がより濃くなっています。

焼いてみると、早くも焼ける香りに違いが出始め、焼いたお肉の縮み具合も少し違うようです。

お肉は熟成することにより、保水効果も保たれるので、焼き縮みが若干少ないんだそう。

DSC_0744

その違いは、食べてみてもハッキリとわかります。

フレッシュな黒毛和牛の牛タンは説明するまでもなく美味しく、牛タン好きも納得の美味しさ。

右のタンの方が若干カールしている右のタンの方が若干カールしている

そして熟成されたお肉の方は、不思議と焼いている最中からナッツのような香りが漂い、味わいにミルキーさが増します。そしてシャッキリとした牛タンならではの歯ごたえが堪りません~! これはスパークリングワインなどの香りを楽しむお酒と合わせた方が絶対に美味しいはず。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント