佐藤浩市、主演作『64』に絶対の自信!

2016.3.7 18:14配信
佐藤浩市

累計発行部数130万部を超えるミステリー小説を映画化した『64-ロクヨン- 前編』『64-ロクヨン- 後編』の完成報告会見が3月7日に、都内で行われ、主演を務める佐藤浩市をはじめ、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和、瀬々敬久監督、原作者の横山秀夫氏が出席した。

完成報告会見その他の写真

わずか1週間で終わった昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件(通称:ロクヨン)を軸に、県警記者クラブを巻き込んだ警察内部の対立と、14年を経て新たに起きた模倣事件を、県警の広報官・三上義信(佐藤)の葛藤とともに描く。

豪華キャスト陣の先頭に立った佐藤は、「ここまで身を削ったのは久々」と絶対の自信を示し、「もちろん、原作や脚本はあるが、予定調和にはしたくなかった。面白いけど大変で、やりがいがあるけど本当にキツイ役柄。その分、腹をくくるのは早かったし、自分自身を鼓舞していた」と熱演を振り返った。

その部下を演じる綾野は、「現場では、浩市さんの背中を見ていれば十分。ときに襟を正してくださり、さまざまなことを教えていただいた。ご一緒できただけで、感謝の極み」と大先輩との共演に感無量。一方、広報室と対立する記者クラブの仕切り役を演じた瑛太も、「クランクインを前に、浩市さんが『全部受け止めるから、全力でぶつかってこい』と言ってくださった。緊張しましたが、どんどんぶつかった」とコメント。演技に熱が入り過ぎ、「浩市さんの顔に、つばを飛ばしてしまった」と申し訳なさそうな表情を浮かべると、佐藤は「瑛太ファンなら、まだしも(笑)。実際、バンバン飛んできた」と笑い飛ばした。

また、ベテラン俳優の三浦も「全力の佐藤浩市が見られる」と太鼓判。「(褒めたので)先輩だけど、何か、おごって」とお茶目なリクエストも飛び出し、さすがの佐藤もタジタジだった。

『64-ロクヨン- 前編/後編』
前編:5月7日(土)/後編:6月11日(土)より連続公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング