KERA×古田新太が3度目のタッグ。今夏新作を上演

2016.3.9 19:5配信
舞台『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』 舞台『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と古田新太が3度目のタッグを組む新作舞台『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』が7月に上演決定。そのビジュアルが公開された。

“この上なく狂暴、きわめて不毛“と2007年の演劇界に大きな衝撃を与えた『犯さん哉』、“前作のデタラメをさらに徹底的に極める“と言いつつ震災直後の日本に猛烈なパンチを喰らわせた2011年の『奥様お尻をどうぞ』に続く、ふたりのコラボ企画第3弾。作・演出にKERA。キャストには古田をはじめ、成海璃子、賀来賢人、大倉孝二、入江雅人、八十田勇一、犬山イヌコ、山西惇ら人気俳優から小劇場の実力派まで多彩な顔ぶれが揃う。

新作舞台は7月24日(日)からの東京公演を皮切りに、北九州、大阪、新潟で上演。チケットの一般発売は5月21日(土)午前10時より。

■舞台『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』
<東京公演> 7月24日(日)~8月21日(日) 下北沢 本多劇場
<北九州公演> 8月27日(土)・28日(日) 北九州芸術劇場 中劇場
<大阪公演> 9月1日(木)~4日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
<新潟公演> 9月10日(土)・11日(日) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

いま人気の動画

     

人気記事ランキング