怖いもの知らず? 松重豊×八嶋智人×片桐はいり『アーロと少年』インタビュー

2016.3.17 17:00

2016年3月12日(土)に全国公開されるピクサー最新作『アーロと少年』。 作中でアーロとスポットを助けるTレックスの一家の日本語吹き替えを担当した松重豊さん、八嶋智人さん、片桐はいりさんのお三方に『アーロと少年』への想いを伺いました。

DSC_0698 © 2016 Disney/Pixar

3月12日(土)から全国で大ヒット公開中のディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』。

弱虫な恐竜アーロが人間のスポットと一緒に冒険をしていく中で、Tレックスの家族は道に迷っているアーロたちを助けてくれます。

Tレックスといえば恐竜の中でも最強の存在。

強いTレックスたちは牛追いをして生活しており、その強さから武勇伝も持っています。

彼らは弱虫なアーロに本当の強さとは何かを教えてくれます。

そんな一家の頼りになるお父さんブッチの声を吹き替えた松重豊さん

好奇心旺盛でお調子者の弟ナッシュの声を吹き替えた八嶋智人さん

明るくておしゃべりなおてんばお姉さんラムジーの声を吹き替えた片桐はいりさん

ディズニー/ピクサー作品の吹き替えははじめてというお三方に『アーロと少年』、またピクサー作品への想いを伺いました。

 

“子孫に伝えたい”子どもから大人まで響く作品

――ピクサーの吹き替えを担当すると決まった時の気持ちは。

八嶋:嬉しかったです。

声優はそんなにやったことがないので。

完全に完成した画でない映像でアテレコしたので、どうなっているか楽しみですね。

 

松重:ピクサーはトイ・ストーリーで唐沢(寿明)くん(ウッディの声優)がやっているのを見てからいいなあと思っていました。

もっと早くオファーされていれば子どもに自慢できたのに。

成人してしまったからリアクションが薄くて…

孫に見せたいですね。

片桐:子孫に伝えたいって言ってましたよね。

八嶋:二十歳でも、今リアクション薄くても観たらうわってなりますよね。

松重:実はあの年代の男の子にもくるんですよね。

 

片桐:私は友達と「恐竜」の話をしていたらオファーをいただいたのでびっくりしました。

物心ついて最初に観た映画が『101匹わんちゃん』だったので嬉しかったですね。

子ども心に映画とはなんと素晴らしいのかと思ったので、なんとか子供のファーストインパクトになればいいなと。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント