【歌ってみた】映画『桜ノ雨』、山本舞香の合唱シーンは感涙必至!? 【動画あり】

ボーカロイドで火が付き、今や卒業ソングの定番となった神曲「桜ノ雨」。曲を元にした映画版がついに完成、ぴあ満足度調査で90.3点を獲得し、絶賛公開中だ。本作でヒロイン未来(ミク)を演じた山本舞香さんにインタビュー、撮りおろし写真とともに魅力に迫ります。

撮影:熊谷仁男撮影:熊谷仁男

同名の名曲に基づくベストセラーを映画化した『桜ノ雨』で、高校の合唱部で熱唱するヒロインの未来(ミク)に扮し、映画初主演を飾った山本舞香さん。

本作の彼女の歌声がなぜ多くの人の心を揺さぶるのか?

その秘密を、直撃インタビューで探ってみました。

『桜ノ雨』は、ボーカロイドで火がつき、いまや卒業ソングの定番でもある名曲から生まれた累計発行部数20万部突破の同名ベストセラーの映画化。

小さな港町を舞台に、合唱部に所属する歌うことと部長のことが大好きな17歳の少女、未来の恋と青春を描いた感涙の合唱ムービーになっています。

そして、本作でヒロインの未来を演じたのが山本舞香さん。

第14代リハウスガールとして注目を集め、『暗殺教室』『Zアイランド』、ドラマ『南くんの恋人~my little lover』などの話題作に次々に出演。

「JR SKISKI」のCMにも起用された期待の新星の彼女ですが、その瑞々しい演技と美しい歌声は、ワールドプレミアとなった昨年の東京国際映画祭や試写会で早くも多くの観客の涙腺を破壊。

それにしても、なぜみんなそんなに涙するのか? それを知りたくて、本人を直撃しました。

まずは軽いジャブ。主演のオファーがあったとき、本作のもとになった初音ミクが歌うボカロの神曲「桜ノ雨」を知っていたのか聞いてみた。

「知らなかったんですよ。でも、マネージャーさんから“この歌、聴いてみて”って言われて聴いて。

それで“いい歌ですね”みたいな話をしていた数日後に、“あの曲から生まれた原作小説があって、その実写映画の主演の話が来ているんだ”って聞いたんです。

聞いたときはもちろん嬉しかったですよ。でも、プレッシャーもすごくありましたね」

それだけに、未来として生きることに尽力した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング