山崎育三郎「自分で自分のキャラクターが分からなくなることも」 【インタビュー】「お義父さんと呼ばせて」

2016.3.12 12:51配信
砂清水誠を演じている山崎育三郎

 ミュージカルの世界で活躍する山崎育三郎。大ヒットドラマ「下町ロケット」(TBS系)の真野賢作役も記憶に新しく、現在は遠藤憲一&渡部篤郎W主演のドラマ「お義父さんと呼ばせて」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演中。ヒロインの美蘭(蓮佛美沙子)に猛アタックするも空回りしまくる砂清水誠を演じ、評判を呼んでいる。

 山崎は「今回の役は反響が大きい」と言い、「街を歩いていたら『砂ちゃんだ!』と話し掛けていただいたり、この前は女子高生に囲まれて『砂清水だ、ウケるんだけど』と言われました(笑)。砂清水が出てきたときに見ている方がニヤッとできたり笑えたり、そういう存在になれたらいいと思っています」と語る。

 見る者の笑いを誘う砂清水のコミカルさは、山崎の確かな演技力があってこそ。「監督にやりすぎだといわれるまで挑むことが今回の僕のテーマの一つ。頭を殴られてもサッと髪形を直すとか、アドリブも多いんですが“砂清水はこういうふうに生きているんだろうな”と思ってやっています。アドリブは気持ちの流れで思わず出ちゃうって感じです。それを監督が採用するかどうか判断してくださる。渡部さんとのシーンが多いんですが、いつも『砂ちゃんいいねぇ!』と盛り上げてくださったり、アドバイスをいただいたり。『アイアイサー!』の言い方とかもそう(笑)。かなり助けていただいています」

 山崎は「僕はその時の役柄に普段の自分も寄り添うところがあるので、今は普段からちょっとテンションが高かったりします(笑)。自分で自分のキャラクターが分からなくなることもあるぐらい(笑)。この作品で新しい自分を引き出していただいた」と語る。

 今後のますますの活躍が期待されるが、「映像の世界で今回のように今まで自分がやったことのない役を頂いたり、30代は役者としての幅を広げていく時間かなと思っていて。限界は決めずにいろいろな役柄に挑戦していきたいと思っています」と今後を見据える。

 ドラマは15日に最終回を迎える。「お別れするのがすごく寂しい」と愛着たっぷりの役柄について、「自分の生きる道を信じて突き進んできた砂清水の“初めてブレる姿”が見られると思います!」と見どころをアピールした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング