【速報】エプソン販売、世界最高2万5000ルーメンのプロジェクターなど全11製品を発表

2016.3.14 14:22配信
ビジネスプロジェクター市場を語る佐伯直幸代表取締役社長

エプソン販売は3月14日、3LDC方式で世界最高2万5000ルーメンの明るさを実現した高光束ビジネスプロジェクター「EBーL25000U」、レーザー光源モデル「EBーL1000」シリーズ、ランプ光源モデルの「EBーG7000」シリーズなど、全11機種の常設プロジェクターを発表した。発売は2016年5月下旬から、「EBーL25000U」は2016年12月に発売予定。

「EBーL25000U」は色の再現性、画質劣化の防止、高耐久性を追求したレーザー光源モデルで、3LCD方式を採用し、世界最高の2万5000ルーメンを実現した。各モデルとも、3年もしくは2万時間どちらかの無償保証を備えている。「EBーL25000U」「EBーL1000」シリーズは従来の大学、企業の他、ミュージアム、イベント・コンサート市場を販売ターゲットとしている。販売チャネルは映像システムインテグレータや全国のビジネス系パートナー、映像機器レンタル事業者などに展開予定。

発表会でエプソン販売の佐伯直幸代表取締役社長は「国内のインタラクティブプロジェクター市場、ホームプロジェクター市場ではシェアNo.1だが、今回の新製品により、高光束プロジェクター領域でもシェアNo.1を獲得したい」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング