三谷が贈る大人の時間『ショーガール』開幕

2016.3.14 18:50配信
「ショーガール」~こんな出会いも悪くない~ 「ショーガール」~こんな出会いも悪くない~

川平慈英とシルビア・グラブが小粋な“男と女の物語”を歌と踊りでつづる、パルコ・ミュージック・ステージKOKI MITANI's SHOW GIRL「ショーガール」~こんな出会いも悪くない~ が、3月13日にPARCO劇場で開幕した。

「ショーガール」チケット情報

本作は「パルコ劇場クライマックスステージ シーズン1」ラインナップの一作品。“パルコ劇場ゆかりの作品”として上演される。

パルコ・ミュージック・ステージ「ショーガール」とは、1974年から1988年までPARCO劇場(前身の西武劇場含む)にてシリーズ上演された、劇場の歴史を語る上でも欠かせない作品。故・福田陽一郎による脚本・構成・演出と、木の実ナナと細川俊之の出演で、多くの観客に愛された。三谷幸喜演出の2014年版は、「いつかは「ショーガール」のようなショーをPARCO劇場でつくる」という三谷の念願が叶ったもの。今回はそのアンコール公演となる。出演は、2014年版に引き続き川平慈英とシルビア・グラブ。福田の舞台に幾度も立ち、共演経験も多いふたりだ。

今作はまず2本の短編『再会』『チキンスープ』、ショートミュージカル本編『淋しい探偵』を上演し、そのままSHOW TIMEへ。『再会』では老人と老婆のある勘違いを、『チキンスープ』では激しい料理番組を、『淋しい探偵』では探偵と依頼者の物語を描く。そしてSHOW TIMEでは誰もが聞いたことのあるポピュラーナンバーを抜群の歌とダンス、タップやユニークな楽器で楽しませ、聴かせる。前作より「すべてにおいてバージョンアップ」(三谷)したステージとなっている。

「気恥ずかしくなるくらい、お洒落な舞台に仕上げるつもり」(三谷)という舞台だが、その「お洒落」も絶妙。川平が「日頃の疲れもきれいに吹き飛ばす、粋な大人のショー」、シルビアが「ニューヨークと勘違いしてしまうかも!!(笑)」とコメントする抜群のステージは、聴かせ、笑わせ、唸らせ、最後は気持ちのいい拍手を生む。

平日のソワレは20時からという仕事帰りにも立ち寄りやすい時間帯。約90分の公演は濃密で軽やかで、大人の夜にピッタリのエンターテインメントとなっている。「演劇は固苦しくてどうも観る気がしない、と思っている人がまだいるとしたら、まず「SHOW GIRL」を観ること。こんなに楽しくてワクワクしてキラキラした世界がこの世にはあるんですから」(三谷)。

パルコ・ミュージック・ステージKOKI MITANI's SHOW GIRL「ショーガール」~こんな出会いも悪くない~ は、3月22日(火)まで東京・PARCO劇場にて。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング