“好きアピール”は逆効果!? 「シンプルラブ」で恋愛上手になる3つのコツ

恋をするとどうしても女性は、好きアピールやメールやLINEの頻度など「好きのボリューム」が多くなり、重くなってしまいがちです。恋愛をうまく行かせるためには「シンプル」が大事。シンプルラブで行きましょう。「物足りない」と思うくらいがちょうどいいのです。

mm

女性は恋愛となると重め、なんでも多めになってしまいます。恋愛全般においてシンプルでいきましょう。

とくに片思い時期はボリューム少なめで行くと、彼の印象に残りやすいと思います。合言葉は「シンプルに!」

1. 好きアピール

好きだと、どうしても熱い視線を送ってしまいがち、気に入られたいためにほめ言葉を連発してしまいがちです。これはしないでおきましょう。まなざしや、ほめ言葉は少なめに。

これらが少ないと、彼が「自分を好きか、好きじゃないか」の予想を立てにくく「気に入られているはず・好きなはずなのにおかしいな?」と混乱します。

好き好きアピールは彼の自信過剰のもと。変に上から目線になられても困るのでここは少なめで。

2. LINEの分量

LINEが恋愛のすべてではありません。毎日の事細かな報告はいりません。あくまで“恋愛の補助”なので、やりとりの回数は少なめにしましょう。

当然ながら彼よりも、送る回数を少なくします。つまり、ラリーは受け取って終わりにします。彼の文字数を超えず、挨拶に一行使って、文に二行くらいがいいかもしれません。

返信は遅くし、誘う文章を入れることはしない……など。要するに「LINEでは物足りないので、会って話がしたい」と彼に思わせたらしめたもの。短く、続かないやりとりでは情報が少なく、物足りなさを感じます。長々としたやりとりになれている彼なら拍子抜けして混乱するはず。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント