藤岡弘、伝説のライダースーツ姿で“降臨” 「体中を“ライダー魂”の血が騒いでおります」

2016.3.15 19:28配信
“マスクオフ”を披露した藤岡弘、

 仮面ライダー45周年記念映画『仮面ライダー1号』の完成披露イベントが15日、東京都内で行われ、出演者の藤岡弘、、西銘駿、岡本夏美、阿部力、大杉漣ほかが登壇した。

 この日は、本作に本郷猛=仮面ライダー1号として主演した藤岡が、仮面ライダー1号のライダースーツに身を包み、マスクを脇に抱えた“マスクオフ”と呼ばれる姿で“降臨”。

 このポーズは、1971年に放送された「仮面ライダー」で藤岡が披露していたもので、実に45年ぶりのお披露目となった。藤岡のりりしい姿に会場から歓声が上がった。

 藤岡は「初代ライダーとして初めて仮面をかぶり、二輪に乗った時の思い出がよみがえってまいりました。まさに今、45年の時を超え、この体中を“ライダー魂”の血が騒いでおります」とあいさつした。

 藤岡は「CGも何も無かったあの時代、体を張って、命を懸けて、多くの戦友であるスタントマンたちと一緒にやらせてもらったこと…。本当に45年、あっという間だった」としみじみと振り返り「45年ぶりに本郷猛をやらせてもらえたこと、感無量でございます」と感謝の言葉を口にした。

 また「“ライダー魂”とは?」という問いに、藤岡は「愛と正義と勇気を込めた象徴。また、決意、決断、覚悟、信念を持った侍の心だと思います」と回答。「仮面ライダーは、多くのメッセージを秘めた世界に誇るべき日本のヒーローです」と言葉に力を込めた。

 仮面ライダーゴースト役の西銘は、藤岡の隣に並び「気迫がすごい。まさに本物の仮面ライダー。僕はまだまだ…」とすっかり圧倒された様子。

 撮影現場では藤岡から「主に演技のことを、『芝居は気持ちが乗っかると自然に目で気持ちを(相手に)ぶつけられる』と教わった」と明かし「夢のような現場だった」と振り返った。

 さらに、現場では藤岡が共演者にコーヒーを振る舞ったエピソードも披露され、地獄大使役の大杉は「敵役の僕にも藤岡さんはコーヒーを入れてくれました」と明かして笑わせた。

 映画は3月26日から公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング