伝説のユニット“モンティ・パイソン”が集結!

2016.3.16 12:5配信
『ミラクル・ニール!』にパイソンズが集結!

サイモン・ペッグが主演を務めるコメディ映画『ミラクル・ニール!』が4月に公開になる。本作の監督を務めたのは、伝説のコメディグループ“モンティ・パイソン”のメンバーでもあるテリー・ジョーンズで、劇中ではパイソンズが再集結し、宇宙人の声を演じている。

その他の画像

本作は、宇宙人が地球を破壊するかどうかを判断するために、イギリスで愛犬と暮らす平凡な教師のニールに全知全能の力を与えたことからはじまるコメディ映画。何でもできる力を与えられた男は、その力をどう使うのか? 何も知らない彼の行動いかんでは地球は滅亡してしまう。

劇中で宇宙人の声を演じた“モンティ・パイソン”のメンバーは、英国の伝説的なコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』や数々の映画作品をおくりだし、音楽など幅広いジャンルで活動。その足跡と考え方は全世界に広がり、多くの熱狂的なファン、フォロワーを生み出している。彼らの人気は現在も衰えることがなく、2014年にロンドンのO2アリーナで開催された再結成ライブのチケットは数秒で完売し、プラチナ・チケットになった。

本作ではそんな“パイソンズ”が再集結。ジョーンズ監督は「ジョン・クリーズは議長のシャローン(赤いエイリアン)、マイケル・ペイリンは善人役のジャネット(緑の大きいエイリアン)、テリー・ギリアム演じるモーリーンはグロテスクな小さい宇宙人で、私演じるカイリーは科学に強いタイプだ(青いエイリアン)。エリックは学校を破壊するサルブリアス・ギャットという名の宇宙人を演じている。特にそれぞれの俳優を意識して書いたわけではないんだが、みんなうまくはまっていたと思う」と振り返る。

ちなみに、彼らが映画に集結するのは、1983年の『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』以来で、ジョーンズ監督は「本作は存命するパイソンズ全員が揃う恐らく最後の映画になるだろう」と語っている。

『ミラクル・ニール!』
4月2日(土)渋谷シネクイントにて先行公開
4月9日(土)新宿バルト9ほか全国公開

(C)2015 Anything Absolutely Ltd All Rights Reserved

いま人気の動画

     

人気記事ランキング