【錦糸町】カレーのレベルが高すぎ! 「駅北口インド料理&南口バングラデシュ料理」名店レポ

2016.3.19 12:00

近年、“カレーの街”になりつつあるという「錦糸町」。カレーマニアから家族連れまで、多くの人が通うインド料理とバングラデシュ料理のお店をご紹介。

小生にとって錦糸町は映画の街だった。小学生の頃から錦糸町駅前にある楽天地で映画を観てきた。その錦糸町が、近年カレーの街になりつつあるという。錦糸町駅の北口と南口にある専門店に通うカレー好きが後を絶たないというのだ。

なぜ錦糸町がカレーマニアのメッカになりつつあるのか。腑に落ちないまま、錦糸町駅の北口へ向かった。

その店は、駅から徒歩数分の場所にインド国旗を掲げていた。白が基調の店内に、厨房前の壁が水色で塗られている。インド料理店というよりもお洒落なカフェのようだった。

「ヴェヌス」は、南インド出身のヴェヌゴパールさんが昨年6月に開業したインド料理店だ。

ヴェヌゴパールさんは、東銀座のインド料理店「ダルマサーガラ」のシェフだった人だ。
ダルマサーガラはカレー好きの先輩に紹介され、何度か通ったことがある。

東銀座の銘店は、お洒落なインド料理店だ。その店のシェフだった人が、なぜ下町錦糸町で店を始めたのか。ヴェヌゴパールさんの弟子、須田竜(とおる)さんに話を聞いた。

「ヴェヌゴパールさんはいったんインドに帰国し、日本に戻った際、友人が多い葛西に住んでいました。そのとき偶然この物件と出会ったそうです」

葛西はインド人が多く住む街として知られている。友人が多い葛西に近いことから、たまたま錦糸町を選んだのだそうだ。

もうひとつの素朴な疑問を尋ねた。

「インド人は水色が好きみたいです。クリケットはインドの国技ですが、インド代表の選手は水色のユニフォームを着ています」

もっと深い意味があるかどうか不明だが、インド国民が大好きな色であることから、厨房の壁面を水色に塗ったのだそうだ。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント