宮澤佐江

あ、あ、出てたかも。。。 歌った後「手話でやってましたね」っていう話になるから、ろう者の方が“きっと、手話のことを聞かれているんだろうな”って、分かるようにやってました。

ーー演出ではなかったかもしれませんが、その会話まで一連の楽曲になっていたところが、すごくよかったです。

よかった。。 伝わってて嬉しい。まさかユニット曲で『掌』を歌うとは、ファンの方も思ってなかったと思う。だから、『掌』を“全体曲”って言われるのがすごくイヤで、

「これはALLで歌う曲じゃなくて、ユニット曲です。ユニット曲の1つですから! 」

って、メンバーにも頑にそこだけは強調して言ってました。

ーーセンターステージから佐江ちゃんが1人、メインステージに並ぶメンバーに歌いながら近づいていくとき涙が出ましたが、佐江ちゃんも…

元々、振りがあまりない曲なので、“しんみりし過ぎちゃうのも、どうかな”と思ったんです。

だけど、なんか、ちょっと、出ちゃいましたね。“涙を流す”っていう演出でしたけ・ど・ね。骨盤のあたりに、ポチッと押すと、涙が出てくるスイッチが付いてたんですよ!

ーー(笑)

全員でユニットに出られたことも嬉しかったから。。 メンバー皆が後から出てくる演出も考えさせてもらって、私が振り返ったときに、皆が同じ制服を着ていてくれたっていうことにも我ながら感動した。。“皆と歌えた。ユニット曲… ”と思って。

ーー“達成感”もあった涙だったのかな、と思います。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー