宮澤佐江

ほんとうですか? これも“めぐり合わせ”だと思うんです。演出家さんに出会えたのが“奇跡”でした。「ここでかかる楽曲、なんか違う気がする」って佐江が言うと、「そうなんだよ。こういう感じじゃないんだよね」って、センスも同じなんです。

『奇跡は間に合わない』をソロで歌うバラードの部分も、最初は何パターンかあって、それも「コレだ! 」って感じるものが同じだったり。

ーー『奇跡は間に合わない』は、卒業コンサートの1曲目はでしたね。

はい。でも初めは「卒業コンサートでは歌いたくない。リクアワで歌ったのが最後でいい」って言ってたんです。

前にも言ったかもしれないけど、『奇跡は間に合わない』は自分がセンターのユニット曲だけど、“一番好きな曲”というより、“ファンの皆が大きくしてくれた曲”という感覚なんです。

“リクアワで1位になったから、卒業コンサートで歌う”といっても、ユニットで歌うなら、一緒に歌う意味がある子たちとでなきゃいけないと思ったし。松井珠理奈や北川綾巴と歌ったとしても、珠理奈とはずっと歌っていたし、綾巴とも歌ったことがあるし。

じゃあ、他に誰を?…と、考えたときに、

“SKEのメンバーだったら、全員で歌ってくれるかもしれない”

って思ったんです。最初に1人でバラードを歌って、私の掛け声で皆が出てくる。ハットをかぶって。“ユニゾン”というんですが、皆で同じ方向を向いて同じ振りをやりたい。「”奇跡”を1曲目に入れたいです」って言ったんです。

それを、私が思った通りに演出家さんが考えてくださって。メンバーもすごくいっぱい振りを覚えてくれて『奇跡』を1曲目に持ってくることができたんです。

それに続けて2曲目は、イントロにすごくインパクトのある『コケティッシュ渋滞中』を持ってきて。

そこから着々とセットリストが出来上がっていったんです。「この曲のときはこういうことをやりたい」「ここのMCでは、こういうことを話した方がいいと思う」「衣装はこんな衣装がいいと思う」って。今回は、衣装にまで携わらせてもらいました。

そうやって全部のセットリストを作り上げていったんです。

ーーなるほど。でも“『奇跡』を歌わない”と決めていたとは意外でした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー