三菱電機、IPS方式の23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT234WX」と「RDT234WX-S」

2012.4.25 17:31配信
「RDT234WX-S」(左)と、「RDT234WX」

三菱電機は、IPS方式の23型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」シリーズの新製品として、国内最速の応答速度を実現したノングレア液晶パネルの「RDT234WX」を5月18日に、グレア液晶パネルの「RDT234WX-S」を6月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「RDT234WX」が3万7800円前後、「RDT234WX-S」は3万9800円前後の見込み。

ともに、IPS方式のフルHD対応23型ワイド液晶(解像度1920×1080)を搭載する。輝度は250cd/m2、コントラスト比は8000:1。中間階調の応答速度を向上し、立ち上げを高速化するオーバードライブ回路の工夫によって、IPS方式を採用する液晶ディスプレイでは国内最速の応答速度3.5ms(GTG)を実現した。また、映像コンテンツに合わせて応答速度を3段階で調整できる「オーバードライブチェンジャー」機能を搭載する。

フレーム遅延速度をOSDで確認できる「フレーム遅延時間表示」機能を搭載。ゲーム機のすばやい入力操作に対応する「スルーモード」では、フレーム遅延時間0.1フレームを実現した。

また、従来はHDMIケーブルで接続したスマートフォンの画面を子画面に表示するとき、横長の子画面で左右に黒い余白が現れていたが、「画面スタイル」を利用することで、左右の黒い余白を表示せず、子画面の枠いっぱいに余白なくスマートフォンの画面を表示する。さらに、機種によって異なる画面の縦横比率に合わせて、子画面のサイズを変更できる。

このほか、スマートフォンの画面表示に適した画質を選択できる「アドバンストDV MODE:モバイル」機能を搭載。画質モードは、「テキスト」「フォト」「動画(高解像度)」「動画(低解像度)」の4種類。

「高透過率IPS方式液晶パネル」の採用によって、消費電力は35Wを実現。従来機種との比較で、約29%の消費電力削減を達成している。映像入力端子は、HDCP対応のDVI-D端子×1系統、HDMI端子×2系統、ミニD-Sub15ピン×1系統、D端子×1系統を搭載。PCやスマートフォンだけでなく、ゲーム機やAV機器など、さまざまな機器の接続に対応する。サイズは「RDT234WX」「RDT234WX-S」とも、幅545×高さ394×奥行き170mmで、重さは約4.9kg(スタンド含む)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング