広瀬すず「笑顔の演技を難しく感じている」 『ちはやふる』の舞台あいさつにはかま姿で登場

2016.3.19 15:16配信
主人公の千早を演じた広瀬すず(左)と野村周平

 映画『ちはやふる―上の句―』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、小泉徳宏監督が登壇した。

 本作は、競技かるたをテーマにした末次由紀氏の人気コミックを映画化した青春物語。広瀬が演じる主人公の千早と仲間たちが、全国大会を目標に活動する姿を描く。

 今や大人気女優となった広瀬だが、本作への出演が決まった時は、まだCMなどが話題になり始めたばかりの新人女優だった。小泉監督は、そんな広瀬との初対面を「昨年の2月ごろで、何を言っているのか分からないぐらいの小さな声でしゃべる女の子でした」と振り返り、元気な千早役との差に「一瞬(主演女優を)見誤ったかと思ったこともありました」と驚きの事実を語った。

 とはいえ、小泉監督は撮影初日に広瀬が見せた演技を「突然、千早のようにはじけた芝居をして、本物の女優だと安心しました」と振り返り、その後も撮影中の広瀬の成長ぶりを語り、目を細めた。

 これに対して広瀬は「1年前は現場であれほどテンション高く話すことが初めてで、初めて監督にお会いした時には『大丈夫かな?』と心配されました」と語り、「なので、そう思っていただけるのはすごくうれしいです」と小泉監督の太鼓判に大喜びの笑顔を見せた。

 また広瀬は、フレッシュなキャストがそろった現場を「こんなに仲が良くて大丈夫かなと不安に思うぐらい仲良くさせていただいて、助けてもらった部分が多かったです」とコメント。

 広瀬は「笑顔の演技を難しく感じている」と明かしたが、本作では「本当にリアルにできたと感じられた瞬間がたくさんあって、こんな監督は初めてだなって思うこともありました」と撮影を楽しそうに振り返った。

 映画『ちはやふる―上の句―』は3月19日、『ちはやふる―下の句―』は4月29日から二部作連続公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング