土屋太鳳、同級生が見守る大学で舞台あいさつ 「もう1回入試を受けている気分」

2016.3.21 20:11配信
同級生たちに「みんなお肉大好きだもんね?」と問い掛けた土屋太鳳

 WOWOWの連続ドラマW「カッコウの卵は誰のもの」の完成披露舞台あいさつが21日、東京都内の日本女子体育大学で行われ、出演者の土屋太鳳、本郷奏多、戸次重幸と耶雲哉治監督が出席した。

 ドラマは“スポーツ遺伝子”という題材を基に、親子の絆を描く医科学系ヒューマンサスペンス。同大学の体育学部運動科学科で舞踊学を専攻している土屋は、大きな拍手に迎えられると「正直、この作品を日女の中で見ていただくなんて想像もしていなかったので、入試以来の緊張を感じております」と照れながらあいさつした。

 同級生たちも客席から土屋の晴れ姿を見守っており、「本当に緊張してしまって、先生方も見ていてくださると聞いてもう1回入試を受けている気分」と笑わせながらも、「この大学で習ったことが、自分の仕事に取り組む姿勢の大きな根っこになっています。この場に立っていて改めて感謝を実感しています」と頭を下げた。

 ドラマで、優れたスポーツ遺伝子を持つアルペンスキーヤーの主人公・緋田風美を演じた土屋は“ご飯をたくさん食べる”というキャラクター性も忠実に再現したという。

 土屋の魅力を問われた本郷が「1回のカットでハンバーグを半分も食べられるのは尊敬する。自分が食事嫌いなこともあるんですけど、毎回食べておなかいっぱいにならないんですか?」と素朴な疑問をぶつけた。

 すると戸次も「太鳳ちゃんは、ただただお肉が好きなんです」と、撮影の合間にスタッフらと連れ立って訪れた焼き肉店で、注文し過ぎた肉を土屋が最後まで食べ続けたというエピソードを明かした。

 「おなかはいっぱいにならない」と首を横に振った土屋は、日々スポーツで汗を流す同級生たちに「みんなお肉大好きだもんね?」と問い掛けると、「大好きー!」という元気な返事に安どの表情を浮かべていた。

 また、東京五輪の開催される2020年までに達成したい目標について土屋は「去年まで2020年までに結婚したいと思っていましたが、無理なのではないかと思い始めました」と語り、「東京五輪には何かしらの形で関わりたいと思っているので、海外の方とコミュニケーションが取れるように英語を勉強したいと思っています」と目標を掲げた。

 ドラマは27日午後10時から毎週日曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング