アップル、健康状態を積極的に管理する「CareKit」、ヘルスケアアプリが進化

2016.3.23 11:14配信

米アップルは現地時間の3月22日、ユーザー自身がiPhoneなどを使って積極的に健康状態を管理できるアプリを実現するソフトウェアフレームワーク「CareKit」を発表した。

「CareKit」を利用したiPhoneアプリによって、より簡単な健康管理のプランの記録や、症状および投薬治療の追跡を可能にするとともに、ユーザーは自身の健康状態をより深く理解できるようになる。また、医師や看護師、家族との情報共有にも対応する。

「CareKit」は、4月からオープンソースでリリースし、Appleが設計した「Care Card」「Symptom and Measurement Tracker」「Insight Dashboard」「Connect」の、四つのモジュールに基づき開発できる。

「Care Card」は、薬の服用や理学療法など、個人的な健康管理プランやアクションアイテムの管理に役立ち、アクティビティの自動管理、Apple Watch/iPhoneのセンサからの入力に対応する。

「Symptom and Measurement Tracker」は、感染症の可能性に備えた体温の監視、痛みや疲労の測定といった症状と体調の記録が可能で、進捗状況のアップデートには簡単なアンケートや傷の治癒状況を撮影した写真、数値化した動きの範囲、iPhoneの加速度センサやジャイロスコープによるアクティビティの計測を添付できる。

「Insight Dashboard」は、「Care Card」のアクションアイテムに対して症状をマッピングすることで、治療がどのように作用しているかが簡単に確かめられる。

「Connect」は、健康状態や体調の変化についての情報を共有し、医師や治療にあたるチーム、家族とのコミュニケーションを取りやすくする。

なお、健康管理アプリを開発しているさまざまなデベロッパが、「CareKit」をパーキンソン病患者、手術後の治療、自宅での健康状態のモニタリング、糖尿病の管理、メンタルヘルス、妊産婦の健康管理のためのアプリに組み込んでいる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング