レオ様にファン約1000人が熱狂 「ちょっと怖かった」初めての“鏡開き”

2016.3.23 22:59配信
レッドカーペットセレモニーに登場したレオナルド・ディカプリオ

 第88回アカデミー賞で「主演男優賞」に輝いた米俳優のレオナルド・ディカプリオが23日、都内で開催された、主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』のレッドカーペットセレモニーに出席した。

 アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督とタッグを組んだこの作品で、ディカプリオは仲間の裏切りで最愛の息子の命を奪われた男、ヒュー・グラスを熱演。復讐の執念のみを武器に、奇跡的に死の淵から蘇る不屈の男を見事に表現し、5度目のノミネートにして念願のオスカーを手にした。

 約1000人のファンの大歓声に迎えられたディカプリオは「皆さんこんばんは。また日本に戻ってくることができて本当にうれしいです」と笑顔であいさつ。

 ファンからの「おめでとう」の声に「ありがとう」と日本語で応えながら、あらためて「本当に画期的な作品。ロケも過酷な場所に行ったし、CGはほとんど使っていない。とにかく一生懸命作った映画なので、皆さんに体感してもらいたい」と作品をアピール。オスカーを手にした瞬間の心境については「監督も私も本当にうれしく思いました」と振り返った。

 会場では、オスカー受賞のお祝いと映画のヒット祈願を兼ねて日本伝統の“鏡開き”を実施。「コングラッチュレーション、レオ!」という掛け声と共に、酒樽を木槌で軽めに叩いたディカプリオは、「あんまり強く打ったら樽が割れて、(中身が)出てくるんじゃないかと思ってちょっと怖かったです」と感想を語っていた。

 1997年に公開された『タイタニック』で日本で大ブレークしたディカプリオ。あらためてファンに向け「日本の皆さん、僕のキャリアを長い間ずっと応援してくださり、ありがとうございます。もう20年近くになりますね」と感謝の言葉を伝えていた。

 映画は4月22日からTOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング