多部未華子、73歳の「未来写真」にショック? 「目のシワや首のたるみは今から気にして…」

2016.3.24 22:17配信
自分の「未来写真」に苦笑いの多部未華子

 映画『あやしい彼女』の公開直前イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、要潤、北村匠海が登場した。

 この作品は、73歳のおばあちゃんが心はそのままに、突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を描いたコメディー映画。

 見た目は20歳、中身は73歳という主人公の節子を演じた多部は、「73歳という(設定)のもそうですが、劇中で歌にも初めて挑戦するなど、いろんな“初めて”がありました」と撮影を振り返り「皆さんに(作品の)面白さが伝われば」と笑顔でアピールした。

 この日は、映画の内容にちなみ、キャストが73歳になった時の姿を想定した「未来写真」を公開。これは、顔相学の専門家・池袋絵意知先生の監修のもとに製作されたもので、トップバッターを切った要は、将来の自分の姿に「めちゃめちゃリアル。ちょっとショックがでかい」とぼう然。ただ、ロマンスグレーの髪を見て「ちゃんと髪はあるんですね」とそこはホッとした様子を見せていた。

 続く北村は、あまりに老け込んだ未来の自分写真に「これはヤバくないですか。ダメージが大きいです…」と落胆。池袋先生から「しわというのは表情の蓄積。その、イケメン俳優特有の“キメ顔”を50年もやっていると眉間にくっきりシワができます」との解説を受け、さらに肩を落としていた。

 一方、最後に現れた多部の「未来写真」は、“かわいらしいおばあちゃん姿”だった。池袋先生は「ひとことで言うと“こけし顔”ですね。つまり頬が平らで丸顔。平らな頬にはあまり老化が見られません。どこが大きく変化するかというと目元と口元です」と解説。

 じっくりと聞き入った多部は、「顎が丸くて広い人は、ここがたるみやすい」とさらなる指摘を受け、「そうなんですよね~。目のシワとか首のたるみは今からめちゃめちゃ気にしているので、なるべく保てるようにアイクリームと乳液を塗りたいと思います」とため息交じりにコメント。あらためて「これ見たら頑張らないといけない!って思いました」と危機感を募らせていた。

 映画は4月1日から公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング