成海璃子「“背負うぞ”と覚悟して演じた」 池松壮亮、斎藤工と三角関係を演じる

2016.3.26 14:58配信
(左から)斎藤工、成海璃子、池松壮亮

 映画『無伴奏』の初日舞台挨拶が26日、東京都内で行われ、出演者の成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、中野ミホ、矢崎仁司監督が登壇した。

 本作は、小池真理子氏の半自伝的小説を原作に、学園闘争真っただ中の1970年代前後を舞台に、喫茶店「無伴奏」で出会った4人の激しい恋と青春を描いたラブストーリー。

 少女から大人へ成長するヒロインの高校生・響子を演じ、官能シーンにも初挑戦した成海は「最初にお話を頂いた時、最終的にいろいろなものを背負って一人で生きていく役だと思ったので、“背負うぞ”という覚悟はあったかなと思います」と役に込めた思いを吐露した。

 響子と恋人の渉、渉の友人の祐之介との複雑な三角関係が描かれる中、斎藤とのラブシーンもある池松は「微妙な役でしたが、僕が見放されたら、僕が好きな人たちまで見放されてしまう、そういう微妙なラインをつけられたらと思い、マイノリティーについて本当の心が映ればと思いました」と語った。

 一方、斎藤は、成海や池松といった年下の若手俳優との共演に「一人一人自分の世界を持っている人たちが、一つの作品で溶け合うというか。私は実年齢とか距離があると思ったけど、キャスティングされた以上役者は堂々と現場にいればいいと教えられました」と振り返った。

 また、トークでは余韻を残すラストシーンについても三者三様の思いを吐露。斎藤が「事前に作戦は何も考えず、心をクリアにそこにいた感じでした。二度と撮れない心情と表情だったのではないかと思います」と語ると、池松は「最後は決着をつけないといけないし、渉も微妙でいろいろあるんですよ」とコメントした。

 成海は、響子が目撃するあるシーンを振り返って「本当に現場にいたくなかったです。見てしまったら、響子のようにはいられないですし、それでも好きとはならない自分もいて…」と複雑な思いを語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング