黒木華「幸せの限界が来そう」 憧れの岩井俊二監督と初タッグ

2016.3.26 18:6配信
(左から)岩井俊二監督、綾野剛、黒木華、Cocco

 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』の初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の黒木華、綾野剛、Coccoと岩井俊二監督が登壇した。 

 岩井監督12年ぶりの邦画実写作品となる本作は、物事をあまり考えず“人並み”に生きていた1人の女性が、いろいろな出会いと経験を通して、生まれ変わっていく様子を描く。

 この日、綾野は劇中に登場する“猫かんむり”をかぶったまま登場。岩井監督は「綾野くんは急病で代わりに“猫かんむりくん”を用意しました。今日は彼に司会進行を頼もうと思います」と冗談めかして説明した。

 「つきましては僕がMCをやります」と列の一番左側に移動した綾野は「初日を迎えましたがいかがですか」と黒木に質問するなど、舞台あいさつはそのまま進行。しかし中盤で限界を感じたのか「取らせていただきます」とかんむりを外し、恥ずかしそうにほほ笑んだ。

 一方、そんな綾野に優しいまなざしを向けていた黒木は、主役の七海役を長期間演じたことから「(初日を迎えて)感無量です」としみじみ。「いつもは、あまりにお芝居ができなくて苦しむことが多いんですが、今回は監督が、どうして?というぐらい私のことを分かってくれていて…」と安心して撮影に挑めたことを明かした。

 さらに、高校時代に鑑賞した岩井監督の『リリイ・シュシュのすべて』に強い影響を受けたことにも触れた黒木は「(今の)自分を構成している一部の監督と一緒にこの七海役をやれたことも幸せだし、その幸せな映画をこれからたくさんの人に見てもらえることも幸せ。私はもう幸せの限界が来そうなぐらいです」と語った。

 トークの途中では、心許せる監督とキャストに囲まれたせいか「私、うまいこと言われへん…」など、関西弁が飛び出す一幕もあった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング