I・Oデータ、デジタル3波対応デジタルハイビジョンチューナー「HVTR-BCTL」、外付けHDDの接続に対応

2012.4.26 14:35配信
HVTR-BCTL

アイ・オー・データ機器は、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応するデジタルハイビジョンチューナー「HVTR-BCTL」を、5月中旬に発売する。税別価格は1万3600円。

従来のアナログテレビでも、地上デジタル放送を視聴できるデジタルハイビジョンチューナー。アナログテレビだけでなく、これまで地上デジタル放送しか見られなかったテレビをBS・110度CSデジタル放送も見られるようにグレードアップできる。データ放送や双方向通信サービスには対応していない。

USBポートに外付けHDDを接続すれば、デジタル放送の番組をハイビジョン画質のままで録画することができる。容量が最大3TBまでの外付けHDDに対応し、3TBのHDDなら約27秒、500GBのHDDなら約5.5秒と、非常に短時間で初期化して番組の録画に使える。また、録画中の番組を最初から視聴できる「追っかけ再生」に対応する。

「EPG(電子番組表)」対応で、見たい番組を簡単に見つけられる。また、「週間番組表」で視聴予約や録画予約も可能。視聴予約した番組には青い予約マーク、録画予約した番組には赤い予約マークを表示する。

映像出力端子は、コンポジット端子、HDMI端子、D端子(D1/D2/D3/D4に対応)、S1/S2端子、D-Sub15ピン、それぞれ1系統を備える。サイズは幅36×高さ53×奥行き152mmで、重さは約560g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング