【日本橋】焼鳥、皮焼き、コーチン鍋も!「鳥料理」がうまい名店5選

日本橋周辺で絶対食べたい、焼鳥、名古屋コーチンなど「鳥料理」の名店をご紹介!

江戸路(人形町) 焼鳥各種1本200円~300円江戸路(人形町) 焼鳥各種1本200円~300円

新鮮な素材を炭火で焼き、ジューシーに揚げ、じっくりと煮る。部位ごとに、調理法ごとにまるで違った味わいになる鳥料理。そのバラエティ豊かな世界を名店の味で垣間見る。

鳥ふじ(茅場町)

名古屋コーチンの力強い旨みを余すことなく味わう極上鍋

鳥ふじ(茅場町) 鳥のすき焼き1人前5000円(写真は2人前)鳥ふじ(茅場町) 鳥のすき焼き1人前5000円(写真は2人前)

鳥のすき焼き1人前5000円。はじめてなら前菜と串焼きが付いたコース7000円がおすすめ。

鳥わさ1200円。軽く湯通しして氷で締め、わさび醤油で。

鳥ふじ(茅場町) 親子丼 単品 スープ、お新香付きで1800円鳥ふじ(茅場町) 親子丼 単品 スープ、お新香付きで1800円

鍋と並ぶ名物の親子丼は鍋の〆のほか単品注文も可能。単品はスープ、お新香付きで1800円、ランチは950円~。

鍋に張られた割り下に艶やかな鶏肉をそろり沈める。グツグツと煮立って、食べごろになったらひと口。身の力強い味わいと脂の深い旨みがじわりじわりと口の中に広がっていく。

ここ『鳥ふじ』は、知る人ぞ知る鳥鍋の名店。鍋は割り下を使ったすき焼きとしゃぶしゃぶ風に楽しむスープ炊きの2種類。いずれも使用するのは、名古屋コーチンの中でも最高級とされる愛知県稲垣種鶏場の純系名古屋コーチンだ。圧巻の鳥肉を味わった後は、野菜、そしてまた絶品の鳥団子と続く。

〆は残ったスープに卵を落として作る特製の親子丼または雑炊だ。エキスが濃密に凝縮されたスープを、つゆだくで味わうのだからたまらない。これ目当てに通う客がいるというのも納得だ。夜は鍋のほか各種鳥料理、ランチにはお手頃な親子丼も用意。ぜひこの味、体感してほしい。

Data
03-3249-6118
11:30~14:00(売切れ次第終了)/18:00~22:30(LO21:30)、土曜11:30~14:00(売切れ次第終了)
休日:日曜・祝日
24席
中央区日本橋茅場町3-4-6 本橋ビル2F
カード:可
予約:可
昼目安:950円~1400円
夜目安:1万円(親子丼のみは1800円)
喫煙:可(ランチは不可)
東京メトロ日比谷線ほか茅場町駅2番出口より徒歩約2分

鳥ふじ(茅場町) 鳥ふじ(茅場町)

江戸路(人形町)

鳥料理だけで約30種類、レパートリー豊富に鳥尽くしを

江戸路(人形町) 焼鳥各種1本200円~300円江戸路(人形町) 焼鳥各種1本200円~300円

焼鳥各種1本200円~300円。特に正肉から軟骨までさまざまな部位をミックスしたつくねは必食!

鳥もつ煮680円。新鮮なレバやハツ、砂肝、ちょうちんなどをそばつゆで甘辛く煮た甲州名物。

江戸路(人形町) 江戸前からあげ880円江戸路(人形町) 江戸前からあげ880円

江戸前からあげ880円。米粉を使っているので驚くほどサクサクで、中はジューシー。

ランチの江戸路丼950円。つくね、ねぎまをタレ、せせり、ささみは塩の2種類の味で楽しめる贅沢な焼鳥丼。

焼鳥はもちろん、名物の唐揚げに燻製、レバーパテ、砂肝のコンフィ……。鳥だけでもそのメニュー数約30種類。さまざまなスタイルで鳥料理を味わせてくれるのがここ『江戸路』だ。

無論、連日賑わう秘密は、そのレパートリーの豊富さだけではない。使用するのは朝〆の新鮮なつくば地鶏を中心に、名古屋コーチンや軍鶏まで旨さで選んだ3種類。さらに、串は備長炭で香ばしく焼き上げ、唐揚げは米粉を使って驚くほどサクサク、ジューシーな食感に揚げる。多彩なメニューひとつひとつのに工夫とこだわりがぎゅっと詰まっているのだ。

経営するのは人形町『玉ひで』のオーナの妹、山田麻友美さん。老舗の姉妹店ながら、「うちは気さくな店だから」と気取らぬ雰囲気もいい。ぶらり立ち寄り、旨い酒と鳥尽くし。そんな夜も悪くない。

Data
03-3668-0018
11:20~13:30/17:00~23:00(LO
22:30)、土曜・日曜11:20~14:00/17:00~21:30(LO21:00)
休日:無休(正月・GW・お盆休みあり)
50席
中央区日本橋人形町1-19-2
カード:可
予約:可
昼目安:850円~
夜目安:4000円~5000円
喫煙:可(ランチは不可)
東京メトロ日比谷線ほか人形町駅A6出口より徒歩すぐ

江戸路(人形町) 江戸路(人形町)
「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント