キャメロン・ディアス主演映画『バッド・ティーチャー』に照英が熱いコメント

2012.4.26 15:42配信
キャメロン・ディアス主演作『バッド・ティーチャー』

ラブコメディの女王、キャメロン・ディアスが不良教師に扮した映画『バッド・ティーチャー』が5月19日(土)より公開されるのを前に、いち早く本作を鑑賞した照英から熱いコメントが届いた。

本作は、お金もなく仕事にも熱意のないアラサー教師のエリザベス(ディアス)が、赴任してきた代理教師でお金持ちのスコット(ジャスティン・ティンバーレイク)を口説き落とし、玉の輿に乗ろうと奮闘するラブコメディ。実生活で元恋人同士だったディアスとティンバーレイクが共演し、話題となった。

ディアスが演じたエリザベスは、強制参加の学校行事をサボり、生徒に対しても不真面目。狙いを定めたスコットの元彼女が巨乳だと知ると、豊胸手術代を稼ごうと生徒達をも利用するという正真正銘のダメ教師だが、「キレイごとじゃ幸せはつかめない」というまっすぐな信念があるからこその言動であり、そんなエリザベスの破天荒で無茶苦茶ぶりに共感する人も多い。本作を鑑賞した照英も、「試練を乗り越える。誰もが経験する事だからこそ、素直になれる自分って大切にするべき! 本当の自分ってかっこいい!」と話しており、エリザベスから“素直になれる自分を大切にすること”を学んだようだ。

『バッド・ティーチャー』
5月19日(土)渋谷HUMAXシネマほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング