金沢動物園のウォンバット「ヒロキ」を忘れない! 愛にあふれた書籍が出版【写真満載】

2016.3.28 15:00

金沢動物園(神奈川県横浜市)で長い間愛されていたウォンバットのヒロキ。昨年の夏に天国に旅立ってしまいましたが、『ヒロキと六つの大陸と一つの島 そして100万匹のウォンバット』というヒロキをテーマにした本も出版されます。

ウォンバット・ヒロキウォンバットのヒロキ (撮影・ 都築英哲)

横浜の金沢動物園に「ヒロキ」というウォンバットがいました


みなさんは、「ウォンバットのヒロキ」のことをご存知でしょうか?

金沢動物園(石川県ではなく、神奈川県横浜市にあります)で飼育されていた日本最高齢(当時)のウォンバットで、1987年3月に、オーストラリアのメルボルン動物園から、横浜港とメルボルン港の貿易協定の親善大使として金沢動物園にやってきました。

「ヒロキ」という名前はヒロキを保護した時にオーストラリアに留学していた獣医のヒロキさんにちなんで名付けられたそうです。

ヒロキは、つぶらな瞳と、おでこの三本線が特徴のコモンウォンバットです。ヒロキは、つぶらな瞳と、おでこの三本線が特徴のコモンウォンバットです。 (撮影・ 都築英哲)

15年に全国の水族館や動物園が「#いきものウィーク」というハッシュダグ企画を行った時に注目され、SNSを中心に人気に火が付き、ヒロキを紹介するTwitterアカウント(@wombachow)や、人気俳優の鈴木拡樹さんが「同い年のヒロキ」としてツイートするなど、すこしとぼけた愛らしい姿のヒロキのファンは徐々に動物園ファン以外にも口コミで広まっていき、TVなどのメディアに登場することもありました。

実際には見たことがなくても、ネット上に拡散された写真を通して愛嬌たっぷりの姿にほっこりし、癒されたひとも多いはず。しかしながら、高齢なこともあり昨年の夏に天国に旅立ってしまいました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング